首相には憲法に従う義務がある

 こんな風に報道される。
安倍晋三首相は17日、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で、改憲を念頭に「政治も責任を果たさなければならない。自衛官が強い誇りを持って職務を全うできるよう環境を整えるため、全力を尽くす決意だ」と訓示した。朝日
 もし首相が改憲を念頭に、現憲法を守らないと宣言すれば大問題だ。それに近い報道だが、宝刀にそう言ったのか?

 原稿を書いた人はあからさまに首相に改憲を口にさせないために誤魔化した言い方にしたものだろう。その心をメディアが補足した形だが、言い切って良いものだろうか?

 「環境を整える」ことは必要だしやらねばならないことだからだ。

 憲法改正は国会の職務であり、首相はいつもその件は国会で議論せよと言う。それはそれで正しいのだが、スレスレの発言をどのように報道するか、よく考えてやって欲しいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック