人質司法は良くないが

 人質司法は良くないと言われている。容疑を認めないと保釈しないなんてとんでも無い。その通りだ。
 だから日本のやり方は早急に改善させるべきだ。

 だがそれは日本特有の事なのか?日本だけが野蛮な国なのだろうか?

 それに対する反証が、カナダによるファーウェイ副社長の拘留だ。

 カナダは逮捕理由も明確にせず拘留した。それはアメリカの要請だとばらしたわけだ。それではまずいと思ったのか、裁判所による審査をやっているという。その中身はさっぱり分らない。
 保釈はしている。その事を持って日本より良いとするのかも知れない。だが一応、ゴーン氏の逮捕容疑、起訴容疑は発表している。ファーウェイの場合は明確な容疑をカナダは示しているのか?アメリカも示していないと、別件だけれどアメリカ政府を訴えた。それらの国は容疑も示さずに拘束する国なのだ。これは人質司法に匹敵する人権無視ではないのか?

 日本とカナダアメリカのどちらが酷いなんて議論は意味がない。どちらも酷い、それだけだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック