大阪のクロス選挙

 維新は公明との関係でクロス選挙を決断したようなことを言うが、現在の状況から見て必然の判断であり、公明は喧嘩の相手をさせられただけのことだ。

 大阪ではしばらく大きな選挙が無く維新の勢いがどうなのか未知数だ。
 背景には、全国における維新の動きの異常さだ。大阪の維新中枢部は国会とはほぼ無関係だ。与党に協力する維新はかつての「霞ヶ関をぶっ飛ばせ」とは異質の行動だ。これを続ければ維新は「維新」ではなくなる。
 維新の議員たちは急に寄せ集めた人たちで、当然のごとく問題議員が出る。そればかり表に出続けている。これが悪い影響を及ぼすことは明確だ。

 一方、維新は自民党批判票を受けて居る。大阪では国民民主党は壊滅状態だ。その支持の殆どが維新に行っていると考えた方がよい。自民党対反自民の構図になっているわけだ。これから脱するためには維新に代わる野党が必要なのだが、それはまだまだ出来ては居ない。
 自民党のひどさはますます進んでいる。だから維新に有利な点も多い訳だ。

 先日の討論会で、自民は維新とそれほど違いはないと言っていた。その通りだと思う。例えば地下鉄民営化は自民党が進める物だったが、維新に手柄を与えたくないために反対しただけだ。今からやろうとしている水道の民営化は自民党本部が進めている物であるから、大阪自民党が進めることは矛盾はない。万博もしかりだ。
 もう一つの焦点はカジノだが、両者の広報ではその言及すらない。恐らく両者の差はないのだろう。

 そのような中、例えば共産党は反維新だ。その理由はただ一つ。維新の方が自民の方が酷いからだろう。
 また、大阪の自民を叩いても効果はない。大阪の維新を叩けば、維新自体に打撃を与えられる。戦略としてそれは正しいのだろう。

 維新はクロス選挙をやることにより、マスコミの報道が呼べるし、大阪都構想でアピール点を増やすことも出来る。メリットばかりだ。
 全体的には退潮傾向であるが、それを打破するための方策である。決して大阪都構想のためではない。大阪都構想は大阪の発展のためと言っているが、本当は維新のためである。今までの所バクチは成功しているといえるだろう。
 今回の選挙の結果で本当に重要なのは議会選挙だ。その結果によって維新の未来が決まるということだろう。例え知事と市長をとっても、議会の過半数がないと進まない。両議会の過半数を取れば一つの首長を落としても進められると言う物だ。

 維新はとんでも無いと思う。だが自民も同じ。だったらどうする?
 だから選挙は分らない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック