日本人を守らない政府、企業

 驚きの報道だ。
菅義偉官房長官は14日の記者会見で、昨年2月に40代の日本人男性1人が中国当局に拘束され、6月に起訴されたと明らかにした。容疑などは明言せず「邦人保護の観点からできる限りの支援をしている」と述べた。毎日
 1年も経っているのにどうなってるの?
伊藤忠商事は「拘束されている理由など、現在、事実関係を確認中です」とコメントしています。NHK
 まるで昨日起こったような話だ。どんな顔で話しているのか、そしてどんな気持ちで報道しているのだろうか?

 以前政府は日本人の安全のためには車両も出して輸送するとか、勇ましいことを言っていた。今回の事件はそれとは違うのか?
 ロシアが拿捕した時も何もせずに居たような。

 政府が日本人を守る時は戦争の理由にする時だけなのか?それ以外は冷たく放置するのか?
 出来る限りのことをするは普通何もしない事を意味する。最初からそのように公言しているようだ。

 こんな政府や企業に身を捧げたら、酷い目に遭う。そう自覚するべきではないのか。

この記事へのコメント

2019年02月15日 19:39
同様に中国に拘束されている人が何人もいるそうです。
渡航制限して欲しい国だと思います。
2019年02月15日 22:23
一番問題なのは、何が犯罪になるのか分らないことです。
日本政府は国交があるのに、そこを追求しないのか?
そんな政府だから渡航禁止にはしないでしょう。
自ら行かないとするしかないのでしょう。

この記事へのトラックバック