現在を象徴する漢字は「嘘」でしょう

 国民にとっては昨年の漢字は「災」なのだろうが、政治等においてはそれは「嘘」だと思う。

 息を吐くように嘘をつくと言われる人物はサンゴ移設でやってしまったが、その後オランダイギリスの記者会見で的外れ返答をしたようで、これも嘘と言えるのではないだろうか?

 労働者賃金調査でも長期間にわたる嘘報告があったと明らかになってしまった。この嘘も報道では最重要の中身はさっぱり分らない状態だ。報道機関も大きく見れば嘘をついていると言うことではないのか?

 東京オリンピック招致における買収疑惑はかなり前から囁かれていた件だ。それを報道しなかった報道機関は嘘をついてきたといえないだろうか。
 そして疑惑に人物は早速否定したが、それは「嘘」ではないのでしょうね。

 ゴーン氏の話も肝心なところは表に出ない。それは検察のリーク内容にフィルターがかかっているのか?それは「嘘」の一種ではないのか?

 日本の中枢にいると思われる人物たちは普通に嘘をつく、そう思ってしまう今日は悲しい限りだ。宮崎をなんとかせんといかんとあったようだが、今は日本を何とかせんといかんと言うべき時だろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年01月19日 17:12
裁判しないと、本当のことはわからないかも。
公務員の不正は誰が正すのか?
不思議です。
2019年01月19日 21:22
一般人 さん
裁判しても危ないですね。
公務員に対して法律で裁くという物です。ただ明確な意志がないと罪に問えない。過失とか怠慢の結果、如何に重大な被害が出ようとも犯罪にはしにくい。
 政治的に国会で追及するしかない。それが現在の制度では。罪に問うのではなく正すと言うことで。

この記事へのトラックバック