安倍首相は誰と同格か

 国家元首は国家元首と同格だ。例え大国と弱小国であっても同格だ。それが外交のルールであり、国連のルールでもある。

 だから外国の元首が来れば首相が会談をするのが基本だ。ただ具体的な話があるので大臣とか官僚とかと会ったりもするだろう。それもある話だ。

 日本へ来る外国の元首ではない閣僚たち。基本は相対する日本の大臣とかが会談する。首相には挨拶をする。普通、首相は会談しない物だ。

 だが今は平気でこんな報道をする。
菅官房長官は午前の記者会見で、アメリカのポンペイオ国務長官が今月7日に北朝鮮を訪れるのを前に、日本に立ち寄り、安倍総理大臣や河野外務大臣と会談することを明らかにしました。NHK
 日本の外務大臣が会談するのは当然のことだ。
 だがなぜ安倍首相と会談するのだろうか?今の日本語は会うことを会談と言うのだろうか?

 日本の外務大臣はアメリカに行ったりもする。だが大統領と会談したなんて聞いた事もない。それは何故なのか?

 ニューヨークタイムズが社説で普天間問題を論じた。記事はこれ。
 そして一部の翻訳が琉球新報のこれ

 その末尾に面白い表現がある。
その上で安倍首相と米軍司令官は、公平な解決策を見いだすべきだと主張した。
 並べられているのは首相と米軍司令官だ。この米軍司令官が在日米軍を言うのか太平洋司令部を言うのか、アメリカ軍のトップを言うのか分らない。だが国防長官ではないことだけは確かなのだろう。
 原文ではAmerican military commanders だ。翻訳通りだ。

 安倍首相のアメリカによる立ち位置の認識はその程度だと考えた方がよいのかも知れない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック