人気取り政府を批判するNHK??

 NHKがこんな記事を出すのが不思議で仕方がない。
北海道で震度7の揺れを観測した地震で、政府は、発表した死者の人数を北海道に合わせる形で訂正したことを受けて、集計の在り方を見直すことも含め今後の対応を検討することにしています。NHK
 前置きとしては普通だが、わざわざ修正したことを報道しても政府のためにはならない。安倍首相が心肺停止者を死者にしてしまった件もあったが、それを隠す事にもならないし?

 そしてこんな事も。
災害時の死者の数について国の防災基本計画では、市町村などの報告を受けて最終的に都道府県が取りまとめることになっていることから、政府が北海道の判断を待たず死者の人数を発表したことに、野党などからは批判が出ています。
 ここまではっきり書いてしまえば、政府が自分で創ったルールを自分で破って齟齬を来したことが丸わかりだ。NHKが何故こんな事を言うのだろうか?しかも野党が批判しているなどと付け加えるのも?

 普通、理由についても
これについて政府内では「地元自治体の認定を待ち、同じ数を発表すればよいのではないか」という意見の一方、「災害で混乱している自治体の認定を待っていては、政府の対応に影響が出るほか、被害の実情が国民に正確に伝わらない」などという指摘も出ています。
 両方書かずに都合の良い後者のみにするだけの筈だが。

 ここまで書いてしまってからこんな締めをしても。
ただ、政府と自治体などの公表する情報に食い違いが出れば混乱を招くことにもつながりかねないことから、政府は、集計の在り方を見直すことも含めて今後の対応を検討することにしています。
 空虚に聞こえるだけだ。それもNHKは分っているだろうが。

 何故この記事が出たのか、不思議だ、分らない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック