飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 情報公開請求情報の漏洩についての不愉快さ

<<   作成日時 : 2018/07/25 01:00   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 起こったことだけでも不愉快だ。
野田総務大臣は、みずからの秘書がことし1月、金融庁による調査対象となっていた仮想通貨取り引きを企画する会社の関係者を同席させ、金融庁から取り引きの規制などに関する説明を受けたことを認めたうえで、会社とは利害関係がなく、調査への圧力にはあたらないという認識を示しています。NHK
 利害関係があればとんでも無い話だが、利害関係がないのになぜ呼びつけるのか?しかも関係者を同席させれば意図が見えて来るではないか。大臣もメディアも反知性を押し通す。

 さらにそれに関する情報公開請求情報が漏洩したという。
情報公開請求について金融庁から情報が漏れていたことが明らかになりました。

 野田総務大臣:「金融庁から総務省の担当者に対して開示請求書に関する情報を伏せた資料で情報提供され、口頭で開示請求者が朝日新聞であることも伝達されていた」テレ朝
 「情報が漏れていた」と言うのは情報を保全する立場の人が意に反して情報が流出した場合を言う。だから例えば金融庁という存在があってそこは情報が出ないように努めていた、と言うことが前提でなければこんな表現にはならない。だから情報を伝えた者は組織の意に反して行ったはずなのだが?この報道ではわからない。別の報道ではこうだ。
金融庁によりますと、野田総務大臣に開示請求者に関する情報を伝えたのは情報公開を担当していた当時の総務企画局の職員で、調査に対し、「閣僚のひとりであり、開示請求についていずれ報道されるかもしれないので、情報共有しておくほうがよいと考えた」と話しているということです。

この職員は、開示請求を行った人の名前は伏せたものの、新聞社による開示請求であることを総務省の大臣官房の担当者に伝えたとしています。

金融庁は「情報公開法の趣旨に照らすと好ましくない対応であり、深く反省している」とコメントしています。NHK
 情報を伝えた職員は組織の意図に反した意識は全く無く、良いと思って伝えたという。組織の意図を全く理解せずに行動した結果流出したならそれを漏洩と称してもおかしくはない。だが職員は情報公開法の趣旨を全く知らずに職務をしているのか?その言及はない。

 
野田大臣は「開示請求者に関する情報を伝えることは、開示請求の萎縮や情報公開制度の信頼低下につながるおそれがあり、好ましくないと言わざるをえない。金融庁には注意喚起すべきだったし、記者との懇親会の際に問題意識を持つことなく話題にしたことは慎重さを欠いていたと反省している」と述べました。NHK
 この発言は現状のものとしては全く正しい。ただこの正しいことを、記者との懇談会の時も、最初の弁明会見の時も行わなかったことを、カバーできるはずもない。

こういった事から想定できることは、いまの官僚たちは日常同じ事をやっていると言うことだ。
菅官房長官は、記者団が「情報開示請求の内容が関係者に伝えられることは、他省庁も含めて今までになかったか」と質問したのに対し、「そうしたことは承知していない。ないということだ」と述べました。
 聞いていないとだけ言えばいいものを「ないということだ」なんて何故付け加えるのだろうか??逆にあると言うことだと聞いてしまう。

 こうも言う。
金融庁では閣僚に関する情報公開請求を、いつも関係者に漏らしているのか。記者がそう聞くと、中島総括審議官は「(担当者は)記憶にないと。昨年の夏以降はない。いまいる担当者しか確認できなかったので、確実に言えるのはそこまで」と答えた。

 今後も調査を継続するかについては、「総務省とも事実関係を確認したので、調査としては終わった」とした。朝日
 こんな中途半端な調査で打ち切るのはモリカケと同じ話だ。組織は本当に情報公開法の趣旨を周知していたのか、逆に情報公共有を奨励していなかったのか、まだまだ調査は必要だろう。しかも担当者の処分もないとすれば、現状通りのやりたい放題ではないか。

 もう一つ気に入らないのは、所属の問題だ。
 野田大臣の秘書:秘書は総務省に所属しているか否か
 金融庁の担当者仮想通貨
 金融庁の担当者情報公開
 総務省の担当者
 野田大臣:秘書の行動及び情報を口にした

 秘書は恐らく総務省に属していない。だから事情を聞いたのは総務省の業務ではない。にも関わらず情報が総務省経由で伝えられる。これは明らかにおかしいと思うが、メディアも何とも感じてはいない。


 官僚のやり方も、政治家のやり方も、メディアのやり方もモリカケそのものだ。不愉快な事項が追加された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
情報公開請求情報の漏洩についての不愉快さ 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる