飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 枝野代表の不信任決議案説明を広めるべきだ。

<<   作成日時 : 2018/07/24 00:28   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 2018年7月20日、野党が安倍内閣不信任決議案を提案した。それを提起し、理由を説明したのは国民民主党・無所属クラブ、無所属の会、日本共産党、自由党、社会民主党・市民連合、および立憲民主党・市民クラブを代表した枝野幸雄代表だった。
 その演説は2時間43分に及ぶものであったが、採決防止の時間伸ばしではなく、言いたいことを言い尽くした時間だったと言われる。それほどその内容は充実したものであり、長期に及ぶ今国会の締めくくりにふさわしいものであった。民主主義の危機に際し結党した立憲民主党の趣旨にも沿った、今国会の危機的状況を説明した内容であり、民主主義を選択し、国民主権を持つ国民はその趣旨を再認識するために一読するべきである。

 国会での発言であるから、しかるべき時間をおいて議事録に記載されるはずだが、いままでの例で言えば重要な発言は何故か記載が遅れる。それを見越してか、原稿に起こしてくれた人がいる。こちらのリンクにある。

 これを広める具体的な手法を私は持たないが、一つ頭に浮かぶものがある。それは印刷物にして出版するとか配布するとかだ。そのための声がけには共同提案者である各党にもあたって欲しいと思う。政治運動にしないためには、賛同者の寄付を募りそれにより印刷することが重要ではないかと思う。

 議事録にあれば、この演説は学校での政治教育に使えるのではないかと思う。そこには民主主義とは何なのか明確に説明してあるから、学校の教材に十分使えるものだ。国会ではこんな主張がされていると紹介することは政治的偏向でも何でもない。なんなら直後になされた自民党の演説を対比させて考えさせても良いのだろう。

 国民は本当に国会で何が起こっているかを知っているのだろうか?それを知らせるべきだろうと思う。

 例えば
ご飯論法とか、信号無視話法という言葉が、この国会を通じて巷に出回りました。聞かれたことに答えるから議論になるんです。聞かれたことに答えないで、はぐらかす。というのは、目先の論争では一瞬勝った気になって、言った人は気分いいかもしれない。ですが、見てる人はみんな見ています。結果的に聞かれたことに答えない。全部ずらした、ごまかした答弁をしているということで加藤厚生労働大臣、そして安倍総理。「ご飯論法」と世の中から嘲笑われる結果となっている。

聞かれたことに正面から答えないだけにはとどまらず、聞かれてもいないことをダラダラ、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラ、ダラダラしゃべり続ける安倍総理の姿勢。
 一部の新聞では報道されているがテレビではうまく編集されてわからない。ダラダラは短時間でカットするし、聞かれていないことも質問をセットで出さないから聞かれていないことがわからない。本当は映像を付けたいところだが、困難だ。

 これこそ教科書ではないか。
そもそもが民主主義は多数決ではないんです。民主主義というのは主権者である国民みんなでものを決めて国を動かそうというのが民主主義なんです。民主主義で、みんなで決めたいんですが、残念ながら1億2000万を超える国民の皆さんがみんなで集まって相談することが出来ないので、やむなく仕方なく、それを補う手段として選挙という多数決が使われている。そして、そして、国会の中でみんなで一致してものが決まるのが、本来の民主主義の望ましい形でありますが、残念ながら全ての県で全員が一致することはありません。その場合の手段として多数決が使われることがある。しかし、多数決だから正しいわけではありませんし、正当な手続きではありません。なぜ民主主義において多数決という手段が使われるのか。それは多数の言っていることが正しいからではありません。熟議を繰り返した結果として多数の意見であるならば、少数の意見の人たちも納得するから。多数決というのは少数意見の人たちも納得するための手段として多数決が使われる。
少数意見を納得させようという意思のない多数決は、多数決の濫用です。
 こんな事を国会議員たちの前で語ることが情けないと思ったのは枝野氏本人だろうと思う。だが語らなければならないのが現状なのです。

 可能な限りの多くの国民がこの演説に触れて欲しいと思う。そしてこの国をまっとうにして行きたい、そう思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
枝野代表の不信任決議案説明を広めるべきだ。 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる