北朝鮮の心変わりは許しません?

 これほど断言されると、本当の気持ちはどうなのだろうと考えてしまう。
河野外務大臣は、訪問先のブルネイで記者団に対し、「北朝鮮は、オリンピックの前日に軍事パレードを行って、ミサイルをひけらかしており、核やミサイル開発の意思には変わりがない」と述べ、北朝鮮のほほえみ外交に目を奪われてはならないと強調しました。NHK
 ここまではっきりと心変わりしないと断言されたら、何をしても意味はないと思ってしまう。

 韓国がどんな話し合いをしようとも、日米がどんな圧力を掛けようと、心変わりは絶対にしないと言っているような。そしてそれは、心変わりをしてはならないと北朝鮮にメッセージを投げているかのごとくである。

 そう言えば、日本国内政治の都合の良い時にミサイルを発射したりするのは、何か仕掛けがあるように思えるのもこれらの一環かも知れない。

 ソ連が崩壊する時に言ったそうな。これ以上敵役を続けることが出来ないので、申し訳ないが降りると。
 北朝鮮にはまだ降りるなとのメッセージなのだろうか?

 ミサイル開発を止めるまで圧力を掛けると言いつつ、絶対に止めないだろうと断言すれば、大きな矛盾となる。そう思わないのだろうか?

 あるいは、石油禁輸でついに暴発した国があったことをご存じないのかも知れない。上記の発言者はどこの国の人なのだろうか?

 マスコミも一緒になってバカやっている。たまらないね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック