所信表明演説のここが?

 首相の所信表明演説について多くの批判が見られるが、私が注目したのは最後あたりのこの部分。 
自由民主党と公明党が野党として過ごした、あの三年三か月。
 私たちは、なぜ政権を失ったのか、痛切に反省し、国民の皆様の声に、耳を傾けるところから、スタートしました。全国各地でミニ集会を行い、国民の皆様からの厳しい声を糧に、「政策」を鍛え上げました。
 そして、その「政策」の実行に、この五年間、私たちは、全力を尽くしてまいりました。こちらから
 同じような台詞を選挙中に聞いた記憶がある。今引用したのは自民党総裁ではなく、総理大臣の所信表明演説だ。野党として過ごしたかは今さら関係ないはずだ。選挙演説のコピペと考えれば納得は行くが、これで良いと考えているのだろうか?

 自民党が国民の声に耳を傾けTPP反対としたのは多くの人の記憶にあるところ。その政策を鍛え上げたら反対になっちゃった。その事実もお忘れのようで。
 それを総理大臣が堂々と言うこの国はどこへ行くのだろうか???

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック