民進党の解党的出直しも緑のたぬきのおかげ

 民進党全員身売りと聞いた時には驚いたのと同時に失望感が大きかった。連合まで一緒になっているのも失望感に輪を掛けた。さらにマスコミが一斉に政権交代とわめき立てる。そんな馬鹿なと思いつつ、国民がその気になったら困ると心配をしていた。

 だが、冷静になって考えるとあの右翼ばりばりの小池女史と絶対合わない人が本当に一緒になるのだろうかと疑問に思えてきた。民進党の会合で全会一致と言うからますます疑わしく思えた。
 

 しかし世の中そう捨てたものではない。ここへ来てリベラル政党の立ち上げが聞こえてくる。どれだけの規模になるのか今は不明だが、中道をしめる政党が出来たことは、これこそが希望である。
 今の世の中、右が増えた性で、中道がばりばりの左派に見えるようだ。憲法を守ることは中道であって左派ではない。

 永らく出来なかった民主党の分党が、おかしな形ではあるが実現したのは喜ばしいことである。それも緑のたぬきのおかげであると感謝しないといけないだろう。同時に前原代表の決断なるものにも感謝だ。前原氏は統制が出来ず解党に至ると思ったが、自ら解党すべく動いた。それも半分騙したような形になったことは国民に対する評判を限りなく落としたことだろう。それは希望の党にも波及し全体の勢いを削いでいるようだ。
 彼らは維新と併せて、第2極と称しているようだが、それは返上して欲しいものだ。

 今回こんな騒ぎになったら、安倍政権打倒は出来ないかも知れない。だがこれから先の展開に夢を持つためにも中道のがんばりに期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック