民進党離党ドミノはもっと進んで欲しい

 離党ドミノが止まらないという。今ところで止まってくれると何の役にも立たない。もっと多数の離党が続くべきだ。

 だがそうなるための力はどこにあるのだろうか?

 若狭氏の理念が参議院の廃止だけだとすれば、そんなものに何の値打ちもない。もし政権を取って憲法改正をしてしまえば、その後は何をする政党なのだろうか?
 保守2大政党というのなら、大きく分けて保守の思想を持ち、自民党と若干の違いを明確に持てる政党の筈だ。それには全く不十分な新党に賛成して離党する人たちは何者なのか?単に政権与党になりたいだけの人ではないのか?
 それって、民主党と全く同じではないのか。よって、離党する必要なしなのだ。

 前原氏ははっきりしたことを何も言わず今まで通りの民進党を目指しているよう。小沢一郎を復党させようともしているらしい。それも不人気の要因になる事だろう。

 民進党の離党ドミノはもっと大きくなるべきだ。そのためには若狭氏は保守政党としての正確をもっとはっきりと出すべく頭を絞るべきだ。
 そして望ましいのは、前原氏が離党することではないのだろうか?・・・あれっ?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック