なぜ自粛の要請なのか?

 日本の防衛省は米軍に対して、国内でのオスプレイの飛行自粛を要請したという。運用に支障のない限りという注記は当初有ったとしたが、それは間違いで始めから無かったという。

 でも何故自粛の要請なのか?なぜ飛行禁止を要請しないのか?

 自粛のニュアンスは限りなく当事者すなわちアメリカの配慮を意味する。これは英訳されて伝えたのだろうか。日本はどのような言葉で伝えたのだろうか?

 何故日本が米軍に要請するのだろうか?アメリカ兵がこれ以上死傷しないために要請するのだろうか?そうではなく、その理由の第一は、日本でオスプレイが飛行しもし落ちたらその地面にいるのが日本人であることだ。土地は日本の国土であることだ。
 だから危険な飛行機は飛ばすなと要求するのは当たり前のことだ。航空法の例外がオスプレイかも知れないが、要求はするべきだ。

 マスコミは自粛と言う言葉を使って何とも思わないのだろうか?何故それを問題にしないのだろうか?

 今までの例と同じく、事故の原因も対策も何もなく、何事もなかったように運用は継続して行くことだろう。それを忘れない努力を国民にさせるのだろうか?マスコミには何かの責任はないのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック