間違いを認めない菅義偉官房長官

 見直したのは間違っていたからと思うのは普通だが、今の世の中ではそうではないようだ。
菅官房長官は午後の記者会見で「諸外国では公務員をスタッフとして配置し同行している例も相当数あったと確認しているが、政権発足から4年半以上がたち、昭恵氏をサポートする業務の効果的な進め方も確立し、国会でのご指摘もいただいた」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「今回のことを契機に公務員が担っていた夫人との連絡調整を安倍事務所のスタッフに委ねても支障が無いと判断し、サポート体制の在り方を総合的に見直した」と述べ、先月2人の常駐職員を出身の経済産業省に戻し、後任を配置していないことを明らかにしました。NHK
 安倍事務所のスタッフは経験を積んだから出来るらしい。公務員は経験豊かだから出来ると言うことなのだろうか?どちらでも出来るなら、税金を使わない方にするのが普通だろう。

 それとも国会で指摘されたから変更するのだろうか?しかし、国会では全く間違っていなかったと言い、指摘されたことを全面的に否定したはずだが。

 要するに、公務員も必要なかったし、国会での指摘(官僚への圧力に関与した)も当たっていたし、間違っていたのに、強がりを言って誤魔化した。追求が終わったと思ってそっと間違いを正したって。

 間違いを認めたらと誰でも思う。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック