恩赦で国民を怒らせるの?

 政府が恩赦を検討していると報道された。
天皇陛下の退位を実現する特例法が6月に成立したのを受けて、法務省が恩赦の実施に向けた検討に入ったことが12日、関係者への取材で分かった。毎日
 恩赦をすれば、今までの裁判は何のためにやったのかと疑問が出る。私にはこの制度が理解出来ない。

 なんと言うことをするのだろうかと思いながら読んでいると、最後の方であきれかえった。
93年の時は、政令恩赦は実施されず、特別基準恩赦のみが行われた。公職選挙法違反者の公民権が一律に回復することに批判の声があったことや、平成に入ってすでに2回の恩赦があったことが理由とされる。

 93年の特別基準恩赦は計1277件で、うち公選法違反事件が945件と全体の74%を占めた。内訳は特赦90件(公選法違反82件)▽減刑246件(同231件)▽刑の執行免除10件(同0件)▽復権931件(同632件)--だった。
 公選法違反なんて殆ど自民党ではないか。恩赦と称して仲間内の減刑をやるなんて、国民は怒るべきだろう。
 何とも腹立たしい記事だった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック