本当にこの季節にオリンピックをやるの?

 連日の猛暑でテレビではひたすら熱中症に注意をするように言っている。屋外の作業は勿論屋内においても熱中症に中が必要らしい。
 7月下旬から8月上旬は梅雨明け後で天候は安定しているが、とにかく暑い季節である。

 テレビでは五輪音頭がリバイバルしたり、ラジオ体操をやってオリンピックムードを高めようという。その映像を見る限り冷房の効いた屋内で実施しているみたいだ。

 オリンピック競技はアメリカのゴールデンタイム似合わすと良いらしい。アメリカで19時なら日本は8時になる。マラソンは朝の8時スタートにすればまだ涼しいというわけだ。
 日本での日中はアメリカの真夜中になるから、暑い時間帯はすべて休憩にすればいい。それも良いアイデアか?

 そんなことより10月10日にやればいい。昔の東京オリンピックはそうしたではないか。昔の日本は独立国で今はどこかの属国に成り下がったのだろうか?そういう変化にしか見えない。

 今からでも遅くない。オリンピックを返上しよう。世界で最悪の赤字国がさらに赤字にするためにオリンピックをやるなんて気が狂っているとしか思えない。国民は正気に戻るべきだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック