マスコミのアリバイ作りが始まった

 共謀罪の強行採決を受けて、マスコミのアリバイ作りが一斉に始まった。

 採決されれば少々反対しようが核心を突いた解説をしようが構わないとマスコミは言っている。マスコミはこれで、きちんと報道したと言うのだろう。

 それはNHKであろうと朝日であろうと毎日であろうと同じだ。

 そう言えば戦後、マスコミは戦争賛美の反省として幾つかの論を出していたように思う。それを読んで、何とも中途半端なものだと感想を持った。それこそがアリバイ作りだったと今分る。

 マスコミは大企業だ。経営者はブルジョアジーそのものだ。当然政権のお友達だと考えるべきだ。
 このネット時代に日本国民は未だにネットメディアを持たない。世の中に流通する嘘情報に踊らされているわけだ。
 特に市民運動の弱い日本では、マスコミ情報に支配され続けている。そこから脱しなければ共謀罪の威力は増すばかりだ。

 日本に民主主義を取り戻すにはどうすればいいのか?それを考えるのは大学生なのか、それともお金と時間のある高齢者なのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック