維新も同じ穴・・・

 森友学園の件では維新の松井知事が学園に鉄槌を下すがごとく報道しているが、そんな馬鹿なと。

 維新の議員にはあの幼稚園の教育方針に賛同していたものも多く、同じ方向であることは確かだ。そして私学審議会では定例会で異論ばかりで流れた案件を臨時会まで開かせて条件付だが認可適当とさせた。会長の台詞が何とも痛々しかったのを覚えている。

 だがその時つけた条件は何とも厳しいものだった。財政状況を確認するのは当然のことで、ある程度の時期に確認出来るものだ。だが入学希望者の確認が着いているのが何とも奇妙だ。小学校の承認前に入学者を募ることがあり得るのか?これはニワトリとタマゴの話そのものだろう。
 つまり、審議会は圧力によって承認を出したが、強烈な嫌みをつけた訳だ。それが審議会の回答ではないのだろうか?
 そこまで明確にやっても、一時期会長は承認になることだろうなんて言っていたと思う。

 今はさすがに無理だと思ったし、国の方針が森友切りに変じたから、同じ立場で攻めているが、そんなものに騙されてはいけない。

 国会でも追及する立場に代わったようだが、もともと推進していた立場だと言うことをしっかりと記憶すべきだ。そして、他の追求されるべきものと同様に追求するべきだ。
 維新は維新・・・そういうことだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック