必見の映画「帰ってきたヒトラー」

 軽くコメディーと思ってみた。始めは笑えるがそのうち笑えなくなる怖いコメディーであった。

 この映画が撮られた時のドイツでも移民難民を巡る右傾化が見られたが、時が経ってトランプが大統領になってから見れば、なおさら笑えなくなる。
 ドイツの国民と日本の国民はよく似ているから、その反応は映画での国民の反応は私の心にビシビシ響いてくる。

 主演男優が本気になって言っていた。民主主義を大切にせよ、選挙には注意せよと。重い。

 主演俳優は特殊メイクでヒトラーに似せていた。よく似ていたが、演説はもう一つだと思った。本物の演説は映像が残っているが、恐ろしい迫力だ。長時間演説のカストロが有名だが、ヒトラーは怖い。

 私の主観ではそれを継ぐのはカストロでもケネディでもメルケルでもトランプでもない。その人物は大阪にいる。

 とにかく、心が凍る映画である。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック