高樹沙耶容疑者に関する悪質な報道

 普通に聞いてしまうこんな報道。
 元女優の高樹沙耶、本名・益戸育江容疑者(53)は、25日、沖縄県石垣市の自宅で同居していた森山繁成容疑者(58)ら2人ともに、乾燥大麻を隠し持っていたとして厚生労働省の麻薬取締部に現行犯逮捕されました。
 調べに対し、高樹容疑者は、「私のものではありません」と容疑を否認していますが、25日の捜索で自宅の複数か所から見つかった数十グラムの乾燥大麻は、数十回分の使用量にあたることがわかりました。自宅では使用した痕があるパイプなども見つかっていることから、麻薬取締部は3人が大麻を日常的に使用していた可能性があるとみて、任意の尿検査を行い調べることにしています。TBSニュース
 容疑を否認している・・・・「が」として、否認を否定する事実が出たように言う。だが大量の大麻が「私のものではありません」を否定する力はない。
 例えば、大麻に名前が書いてあったとか、私物と同じ場所にあったとかがそれに当たるだろう。

 うっかりと文脈に流されると、思い込むことになる。悪質な誘導だと思う。

 ついでに言えば、大麻は所有が禁止されているのであって、単なる使用は禁止条文はない。だから「任意の尿検査」なのだが、そこまでは報じないずるさだ。

さらにいえば「麻薬取締部」を強調することによって、麻薬と同じと思い込ませる周到さではないだろうか?

 大麻は普通に栽培してきた植物で、毒性についても他の麻薬と違うとの説もある。だから法律も大麻取締法となっている。そういった事情を説明すれば、印象もずいぶん違うと思うが、あえてそれをしない。

 
 高樹沙耶容疑者は参議院選挙に立候補して、医療大麻を許可せよと主張した。こんなお上に逆らうようなものを許すわけにはいかないと思っても不思議はない。だが、それにマスコミが荷担することは本当に良いのだろうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック