東京方面のお金の使い方

 最近のニュースでは東京方面のお金の使い方は無茶だとなっている。

 豊洲の移転では費用がどんどん増え、あげく、汚染対策も駄目、耐震対策も駄目、市場の性能も渋滞とか使い勝手でだめとか、もう無茶苦茶。

 そして築地市場が移転しないとオリンピック道路が通らないと関連があるとされる。そしてそのオリンピック費用がこれまたどんどん増え、3兆円かもと言われた。この中に例の国立競技場とかエンブレムの費用は入っているのだろうか?政府は東京都と日本オリンピック委員会の責任と言うが、大丈夫と請け負ったのは「under controle」と言った首相の筈なのだが。

 今までの費用分担を含めた会議では東京都と日本オリンピック委員会と国が集まっていたはずなのに、国は関係ないとはこれ如何にだ。良い時だけ顔を出して手柄にしたりして。それがまたうまいときたもんだ。

 日本の富は国税と企業の本社機能により東京とその近辺に集まる。それは合法的な窃盗だろう。そして東京方面では不景気になったことは無いという。その意識でどんどんお金を使う。それが余りにも目に余るとなった事だろう。

 東京に金を集め、無駄にドブに捨てることはもうやめるべきだ。東京都は新しい知事が引き締めに回ったみたいだが、未だ自民党にいるのだから、どこまでやるか分らないことだ。
 築地移転については早くも幕じまいではないかとの観測も出ている。オリンピックはこれからだが、これもどこまでやるのか分らない話だ。

 最近もう一つの浪費話が出ている。これは東京方面ではなく、関西方面だ。そう、大阪万博だ。東京オリンピックに続く2番煎じだ。もっとうまくいかないことだ。これについては貧乏な関西財界にたかろうとしているからうまくいかなかった。
 何とかしたいと維新はいつもの官房長官に言って、憲法改正と引き替えに言葉をもらったわけだ。自民党も本気ではないが口先外交で成果を得たいとするのはいつものことだ。

 東京方面、大阪方面を変えるのは、国民の意識しかない。近頃政活費で馬鹿なことをする議員が続出しているが、今の政治家たちのレベルは、政活費議員と大差ないと思う。そんな人たちに退場願うように有権者は意識を変えないといけないだろう。

 この現状を変えるために反省なり調査なり変革を言うけれど本当に改善するのだろうか?信じられないと思う。

この記事へのコメント

2016年10月02日 18:57
東京でも潤う23区と都下にも違いが。
オリンピックは猪瀬前知事が最近のテレビで言っているように、招致段階の見積もりは「招致目的」だから実際の見積もりが増えるのは当然と言っています。各競技の協会と細かい打ち合わせをすれば、見積もりは増えます。
2016年10月04日 00:45
一般人 さん
予算が増えるのは当然ではありません。普通にあることです。
それを見過ごせるのはかなり豊かな時だけです。東京はそうではないと今の知事は言っているようですね。
 増えることを前提にしてどうするべきかを考えるのでしょう。詐欺にどう対応すればいいのかと同じです。

この記事へのトラックバック