アベノミクスかアホノミクスか

 アベノミクスとはなにか、きちんと教えてくれる所はあるのだろうか?

 例えば規制緩和は重要な施策といわれるが、小泉改革の一つだ。財政出動も重要な施策とされるが、麻生政権でもリーマンショックにたいして財政出動をやったような。
 そう、目新しいのはインフレターゲットだったはずだ。通貨発行量を増やすことによりデフレを解消し、物価を毎年2%づつ上げ続ける。そんな触れ込みだったはずだが、物価は上がらない。消費支出が増えないのが原因と言うが、それは国民が消費しないからだと責任を転嫁されそうな雰囲気だ。

 日銀は通貨発行量を増やすべく国債を買い入れている。銀行などに買い入れ資金を払うのだが、それは銀行の日銀口座に振り込まれるようで、その口座残高が増えていくばかりだとされる。
 日銀口座にも利息がつくのでそれが悪いと言うことで、その口座の金利をマイナス金利にした。それでもあまり効果がなく、銀行の収支が悪くなっただけと言う。

 あれやこれやで、目新しい金融対策は効果が出ていないと思うのだが、日銀はもうすぐ効果が出ると言い続けている。人はいつまで騙された振りをし続けていくのだろうか?

 参議院選挙でアベノミクスを思い切りふかすと言った。それの具体策がこれから明確になっていくのだろうが、思いつきの政策の寄せ集めでどれほどの効果があるのだろうか?

 経済対策をやってくれればいいと国民は思う。アベノミクスでも何でも良いと。だがもしアベノミクスが弊害の多いアホノミクスだとすれば一大事である。それが表面化する時が近いような気がする。

 しかしそうなったとしても、野党の状況に変化がなければ、解決策は何もない事になる。それこそがどん底を示すことなのだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック