東京都知事選はどうなるの?

 東京都知事選はなんだか変な方向に入っているような気がしてくる。

 非政権側候補として、宇都宮氏でも鳥越氏でもどちらでも良いと思う。ただ二人立つのは最悪のことだ。
 どちらがいいかと言えば、経験や病気の有無を考えれば宇都宮氏、野党の支持を考えれば鳥越氏、となるのだが、一般的な与党支持を選んだと言うことだろう。

 自民がこれに対抗して小池降ろしをやるのかと思ったが、その小池氏は今テレビに出ている。そんな話はもうないのだろうか?
 自民は不祥事2発で知事を辞職させたから、今回は負けでも良いと読む可能性があると思う。あるいは増田氏の経験を頼みにしているのかも知れない。

 鳥越氏はこれからになるだろうが、有能なスタッフを持っていることを示すべきだ。宇都宮、古賀は適任だろうし、他にもきっといることだろう。公約などは今までの言動から自然に出るもので十分だ。
 公約というものは、金持ち優先の自民党が庶民にも気を使うことを表明するだけのものだ。信じるかどうかが有権者に問われている。

 今の都政で方向性が分かれることがそれほど多くあるのか?オリンピックは今さら止められないし、原発も東京都に余り関係ない。福祉は自民党も改善すると口にしているから、言葉では判断出来ないものだ。
 だから、鳥越氏が言っていた、国の流れと違う流れがあるか否か、これが極めて重要な選択なのだろうと思う。

 沖縄、福島、そして鹿児島。東京がそれに続くのか。非常に大きいポイントだ。

 統一候補は東京でも効果を発揮するのか?鳥越氏の健康が心配で、無所属の宇都宮氏との優劣は未だに私には分らない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック