アベノミクスの成功したところとそうではないところ

 アベノミクスの目新しいところはインフレターゲットだった。これこそが新自由主義者の夢であった。これを実現するために国債などの買い入れを行い、通貨を増やす算段に出たわけだ。

 なぜ2%も物価を上げないといけないのか。その説明は今もない。デフレとその悪さの説明はある。だが物価が下がらないようにすればデフレの弊害は無くなるはずなのに、2%も物価を上げる必要性はない。
 これは消費を促すために物価上昇が必要であるところから来ている。一つの成長戦略のはずだであって、すでに嘘が入っていた。

 政府が国債を買えば、その金は銀行に渡り、銀行はそれを日銀に預けた。従って市場にはお金は出ていかなかった。それは狙いにあわないので、マイナス金利にしてお金を引き出せとした。その運用は今日からだから成果がどうかはこれからのことだ。

 だが今までのインフレターゲットは原油値下がりのせいだとしているが、全く成功していない。市中にお金を回そうとしても市中がお金を欲していないのだから、回るはずがない。
 仰々しく物価上昇が目標と言ったから、なにか有効な手段を講じるのかと思ったが、全く無策だ。これが経済の専門家のすることなのか??

 アベノミクス効果は株価にありと首相は散々言った。とすれば今株価が反落したのはどういうことなのだろうか?
 今言うことは、企業の利益は上がっているからアベノミクスは成功だという。GDPもマイナスとなったが、そんなことは気にもしていない。

 企業の利益が上がれば配当も増える。株価が乱高下しようとも、プロはその中で利益を得るから問題はない。従って、企業に投資したもの、その多くが「外国人投資家」だ。これは外国人、例えば爆買いをする中国人を指すのではない。ファンドなどの外国企業を指す。
 それらが利益を得ているに過ぎないが、それを持ってアベノミクスは成功していると主張する政治家は日本の政治家なのだろうか?

 賃金については値上げに追いつかず実質下がっている。それによって国民の支出も減少している。政権はこんな物はどうでも良くて、前述の企業業績だけが目標なのだ。

 そういえば安倍政権は最初から企業が自由に活躍できる日本を作ると言っていた。それを実践しただけだ。
 経済政策をやると言っていたが、企業に対する経済対策を立派にやったわけだ。

 アベノミクスは成功したと評価する人もいる。全く成功していないという人もいる。それは目標の違いだ。

 少なくとも国民にとってはアベノミクスは有害無益であることだけは確かだ。それも狙い通りという意味で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック