新国立競技場問題、責任者出てこい

 新国立競技場問題の責任はこう報道されている。
また報告書では、JSCに実質的な権限がなく、文部科学省や有識者会議が頭に並ぶ「トップヘビー」の体制を問題視。特に、森喜朗大会組織委員長や建築家の安藤忠雄氏などが参加する「有識者会議」については、JSC理事長の諮問機関にすぎないにもかかわらず、事実上、意思決定の承認機関となっていて、「多くの対策が後手に回った」と批判しました。TBSニュース
 始めから分っていた話だ。安倍首相が白紙撤回の了承を取りに行ったのが委員長だったから明白なことだった。

 今回の報告書で並べて書かれた安藤忠雄氏はすっかり悪者にされたがまだ続いているようだ。可哀想に。

 そしてこんな報道も。
下村大臣は24日夜、安倍総理大臣に辞任する意向を伝えたものの、近く行う内閣改造まで務めるよう慰留されたことを明らかにしました。NHK
 これがパフォーマンスというか、猿芝居というか、それも明らかなことだろう。

 こんな見え見えの演出しかできなくなっているのに、恥ずかしいとか情けないとか、思わないのだろうか?

 ふざけるな、責任者出てこい。
 本当に出てきたらどうするんだ?謝ったらしまい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック