円高は魔法の杖の如きおまじない

 私が生理的に受け付けない勝間和代氏は半分正しいことを言い、その後で裏切る。通貨量増やし円高是正をがその記事だ。末尾に全文引用

その重要なところは次の部分
為替レートはさまざまな要因で決まると考えられがちで、特に各国の信用状態や経済状態が重視されると考えている人が多いと思いますが、実際には各国の通貨の発行量が最も大きな説明変数となっています。

 すなわち、流通量を増やした通貨は需給が緩むため安くなり、流通量を減らした通貨は高くなる、ということです。通貨といえども財の一種ですから、経済学の基本通り、需給が変動要因になります。
 貨幣の発行量が物価の水準を決め、それが為替レートに最終的に反映されるわけだ。この主張は正しいと私も思う。
 貨幣の発行量はそれを直接ターゲットにした政策は基本的にしないものである。生産活動が拡大する時には投資需要が増大する。そのための通貨を発行するわけだ。そして先々は実質的価値を持ったものに裏打ちされた通貨となる。しかし通常経済発展期には市場の要求が課題になりがちなので、通貨が過剰に発行され結果的に物価上昇が発生するわけだ。
 不況時にも景気対策として金利を下げて市場が通貨を引き出しやすくする。市場がjひきだせば通貨量が増えて結果的にデフレが解消し物価が上がるわけだ。

 しかしここで主張されていることは結果として通貨が増えるのではなく、はじめから狙って通貨を増やすことである。これを実現するには国の借金を日本銀行が引き受けることだ。日本銀行が国債を買い代わりに通貨を市場に提供する。こうすれば確実に通貨量を増やすことが出来る。その結果どうなるかは最後に。

 このあたりを勝間氏はこのように言う。
また、日銀がこれまで十分に通貨量を増やす努力をしてきたにもかかわらず、民間に需要がないから円が国内で余るだけで為替に響いていない、という反論も多くあるでしょう。

 しかし、実際には、十分に用意をしましたが、活用されているとは言い難い状態です。日銀が想定する望ましいと考える物価上昇水準は0~2%ですが、実際にはマイナス1~0%にほとんど収まっています。
このことに憤りを感じている学者や政治家は少なくありませんが、日銀は独立性があるので、通貨量を増やすことについて「実効性よりもいいわけのための量的緩和をしている」という側面があると考えています。
 この部分は意味が通りにくいです。しかし、市場が求めていないことを認めていると思える表現です。そして明らかにインフレターゲットを志向しているわけです。

 これへの反論ですが、「急激な円高」は良くないけれど「円高」自体は輸入価格との関係で空洞化とは直接の関係は薄い。だから何が何でも円高阻止をする必要性はない。

 インフレターゲットは当然のことに物価上昇を意味している。それにより、国の借金は年々減少する。これが一つの効用。さらに、高度成長期に労働者にばらまいたお金や年金を目減りさせることが出来る。さらに、物価上昇に合わせた賃金上昇をする気はさらさら無いから、賃金カットが自然に出来てしまう。
 財産家にも財産の目減りの可能性が当然あるわけだが、財産家はその道のプロだから利息の良い投資に回す。だから目減りを避ける運用をするわけだ。

 インフレターゲットはこのように国民の財産を直撃できる有効な政策であるわけだ。ちなみに日本以外の先進国はいずれも物価上昇が続いている。今の日本だけがこれを避けることが出来ているわけだ。ユニークであることは日本が取り残されていることではない。

 円高は魔法の杖の如きおまじないとばかり、インフレターゲットに使ったり、輸出企業への援助をする理由に使ったり、アメリカドルのした支えの理由に使ったり、している。その政策はいずれも国民のためにはならないものであると私は思う。
 




通貨量増やし円高是正を
2011年9月07日.

 今回は、野田佳彦新首相に望む経済対策をみなさんと議論したいと考えます。
 野田首相は先の民主党代表選の立会演説会で、「円高是正、デフレ脱却、経済再生」を強く訴えました。そのことに異論はないと思いますが、具体的にどうやって行うかということが課題だと考えます。 *

 私が提案したいのは、日本の円通貨発行量の増加による円高是正と、それを実現するための日銀法改正です。為替レートはさまざまな要因で決まると考えられがちで、特に各国の信用状態や経済状態が重視されると考えている人が多いと思いますが、実際には各国の通貨の発行量が最も大きな説明変数となっています。

 すなわち、流通量を増やした通貨は需給が緩むため安くなり、流通量を減らした通貨は高くなる、ということです。通貨といえども財の一種ですから、経済学の基本通り、需給が変動要因になります。

 さらに、通貨発行量は、金融政策のスタンスでほぼ決定します。通貨発行量は、その残高よりも発行量の増減傾向が重要で、今後、発行量がより多くなると思われる通貨は安くなるし、発行量が横ばいか、より少なくなると思われる通貨は価値が上がります。

 欧米各国は08年秋のリーマン・ショック以降、通貨発行量を2~3倍程度に増やしました。これに対して我が国の中央銀行である日本銀行は、もともと発行量が多いということを理由に、10%ほどしか通貨量を増やしていません。結果、ドル円の相場が1ドル=110円台から、70円台へと急騰してしまいました。まさか、これだけの変化を信用変化や景気変化で説明できるとは思えません。     *

 これまで財務省がまとめた円高対策、例えば、外貨準備を使って国内産業の海外投資を促進することや、一時的な為替介入などでは、円高問題の根本を解決することができないのはこれまでの状況を見ても明らかです。円高を前提として産業の空洞化を促進するだけです。

 このような対策より、日銀に海外の中央銀行に負けないぐらい勢いよく通貨を発行させることで、コストが小さく、実効性のある円高対策ができます。

 また、日銀がこれまで十分に通貨量を増やす努力をしてきたにもかかわらず、民間に需要がないから円が国内で余るだけで為替に響いていない、という反論も多くあるでしょう。

 しかし、実際には、十分に用意をしましたが、活用されているとは言い難い状態です。日銀が想定する望ましいと考える物価上昇水準は0~2%ですが、実際にはマイナス1~0%にほとんど収まっています。

 このことに憤りを感じている学者や政治家は少なくありませんが、日銀は独立性があるので、通貨量を増やすことについて「実効性よりもいいわけのための量的緩和をしている」という側面があると考えています。     *

 日本の経済を苦しめ、雇用を流出させている円高に対しては通貨量の発行を為替が十分に是正されるまで増やすことを政府が日銀に命令し、日銀がそれに従わず、その説明責任が十分に果たせない場合には、幹部が解雇されることを明記した日銀法改正を提案したいと思います。

 先進国で20年もデフレ、通貨高が続くのは日本だけです。日本人が特殊なのではなく、日本の政策が特殊なのだということを再度強調したいと思います。日本人の潜在力を発揮させるべく野田首相にはぜひ、演説通りのイニシアチブを期待します。(経済評論家)
==============

※13日(火)までにいただいたコメントの中から勝間さんがベストアンサーを選びます。同日までの投稿者のみなさんには、勝間さんとは別にベストアンサーを選んでいただきます。コメント自体は20日(火)まで投稿できます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック