飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 普天間問題その後

<<   作成日時 : 2009/12/11 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 前回書いてから進展したような進展していないような感じ。事件は起こっているけれどかな。

 首相が大臣二人を集めて話をしても、岡田外相は翌日沖縄で今までと代わらない主張をした。北沢防衛相はグアムへ行ってグアムだけへの移転案はないと発言した。社民党が「行ってすぐに分かるのか」と怒って見せると「そんな事はない」とあっさりへたれる。挙句の果てに、辺野古移設案には反対だと言う始末だ。

 間におかしな人間が入りまくっているからだろうか、鳩山首相がアメリカ大統領に直接言うと言えば、なぜか申し入れもしないのにアメリカの報道官が「そんな暇は無い」と言う。これも間のおかしな人の画策なのだろうか。

 「その場しのぎの優柔不断な対応を重ねた末、連立政権の維持を最優先するという鳩山首相の判断が、日米同盟の危機を招いている。」(読売社説)というがその場しのぎの対応は二人の大臣であり、別案も含めて検討しようと、かつ結果的に連立の維持となることを一貫していっているのが鳩山首相だ。社説は意見を書いて良いが、事実を曲げる事には問題があろう。
 あの作業部会は何だったのだろうか?
沖縄県の米海兵隊普天間飛行場の移設問題を協議する日米の閣僚級の作業部会  読売
首相がオバマ米大統領との間で合意した、辺野古案を検証する閣僚級の日米作業部会は宙に浮いてしまった。 朝日
社説の中でここまで違えば、おかしいだろうと思う。

 予算規模などで亀井大臣が噛み付いているが、国民新党の力は数だけであり、その理念は元自民党の民主党首脳部がしっかりと持っているから大きな問題ではない。
 しかし社民党は数の問題としては小さいが、その理念の影響は大きい。民主党の首脳、鳩山小沢は憲法について、安全保障について、9条堅持ではない。また国民世論で言えば憲法改正には賛成しても9条改正については半数をなかなか超えてこない。その人たちの多くは民主党に投票しているだろうが、理念としてこの部分は社民党に賛成なのだろう。
 社民党との連立は、9条の部分において民主党支持の違う角度からの見え方なのだ。それは民主党の幅の広さに関係している。

 したがって、社民党の政権離脱は数の問題を超えた影響を及ぼすものだと思う。

 民主党は当初の主張どおり、過去の交渉経緯を検証し、アメリカと日本の関係を対等化し、米軍再編を進めていくことによる基地負担軽減を図るべきだろう。
 早く決着すること害に決まっているが、60年間基地負担をしてきて、ここであわてても仕方の無い事だと思う。早く決着することを強調して今までの案を意味無く主張する者は、排除していく事も必要だろう。
 首相が決断するといったが、決断にはいくつもの種類があると思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
是非、日本国としての立場を貫いた決断をしてほしいと思います。
長田ドーム
2009/12/11 22:33
長田ドーム さん お久しぶりです。ご来訪有難うございます。
「日本国としての立場を貫いた決断」が欲しいですね。
飯大蔵
2009/12/12 21:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
普天間問題その後 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる