自民党、公明党が政策を語るのはまだ早い

 国会の混乱が収拾されそうだと報道されているが、国会運営が駆け引きだとする動きは昔の通りで、間違っている。鳩山首相が言うように審議拒否であって、自民党がかつての民主党を批判していた通りだ。そしてこれを従来どおりのおかしな動きに戻したのは小沢だ。小沢に深謀遠慮があるのだろうか?

 自民党は党首討論をやりたがっているようだが、一体何を討論するのだろう?「鳩山政権が目指す郵政事業のあり方がよく見えない。国会で十分審議することが必要だ」と言っているようだが、実際に行ってきた郵政民営化に事業のあり方が見えたのであろうか。見えたのは国民の財産を叩き売る姿だけだった。ましてそんな論争は選挙の時にやりつくしたはずではないのか。選挙結果が出た今、そんな話を蒸し返しても面白くもなんともない。

 代理母の会見があったが、野田聖子氏が法律を作るべきだと言っていた。意見を言う前に今までどうしていたのか説明してから意見を言うべきだろう。大きな顔をして主張をしている姿は腹が立つのを通り越して滑稽でもある。

 具体的な事項は忘れたが、福祉の党と言われていたように、公明党は多くのことを言い始めたそうだ。それが事実だったとしても、実行してきたのか、それを最初に語るべきだろう。自民党に提案したが反対にあった、でも政権与党にいたいから妥協してきたと最初に言うべきではないのか。

 もし元与党が事業仕分けを乱暴だとか間違っていると批判したとしよう、国民から言いたいのは元与党はその予算を今まで正しいと言っていたのではないかだ。間違っていると言うのなら正しかった理由を言ってみよといいたくなる。

 政権交代した民主党などがやっているのは元与党の悪事の修正だ。国民は民主党などを支持したのだから、この修正は国民の意思の実行に過ぎない。それに反抗するのは民主主義に反するし、国民の支持もますます遠ざかるだろう。


 しかしながら、権力は腐敗する可能性があるし、定期的に国民は審判をする必要があるし、その仕組みはきちんと出来ている。その最初の時期は来年の参議院選だ。審判をする以上野党も国会や町で主張をする機会が与えられるべきだ。
 ではいつまでおとなしくするべきか。それはキリのいいところで、半分の期間ぐらいだろう。その時には現政権による予算も固まりつつあろうし、マニフェストから外れた事も多く出てきているだろう。

 自民党や公明党は何故国民が支持しなかったのか、組織の建て直しよりも、国民を見つめる事から始めるべきではないだろうか?その上で政策を変えるべきなのか、同じ路線で行くべきなのか、決めていくべきだろう。
 自由に搾取してよい社会を推進してきた自民党が、どのような主張を今後するのか楽しみではある。


 党首討論をするのもよいが献金問題ばかりやればしらけるし、政策論争をやれば「あなた方には言われたくない」と一蹴されるだけの事だと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

カタカナサヨク
2009年11月27日 15:51
飯様に同意です。
平たい言葉で表現するなら、自公両党は、あれだけ民意を見せ付けられて、「どの面下げて」一人前の口を聞けるのかと思います。自公両党の求めに応じて、集中審議等を開いてもいいですが、であれば、郵政民営化・裁判員制度・自衛隊のイラク派兵についても、その場で総括すべきだと思います。
カタカナサヨク
2009年11月27日 16:01
連続投稿すみません。
政権交代が実感となるのは、司直の手が、清和会に入ったとき、ともいえると思います。
2009年12月01日 00:14
カタカナサヨク さん
自民党の犯罪を告発していくのはもう少し政権が安定しないと無理でしょうね。

この記事へのトラックバック

  • ★緊急提言/普天間移設に妙案有り!

    Excerpt: ★緊急提言/普天間移設に妙案有り!画像はクリックで拡大します。普天間問題/三方一 Weblog: ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw racked: 2009-11-28 13:54