どこの国の新聞?

最近、どこの国の新聞?と思うことがしばしばなのだけれど、それがそのまま載っているのに驚いた。
発信箱:どこの国の新聞?=与良正男
 先日、沖縄県で取材する地元紙の記者と話す機会があった。米軍普天間飛行場の移設について彼はこう言った。

 「どうして東京の全国紙は早く現行計画通りに合意しろとばかり書くんですか」  毎日
 私もそう思う。そして地元紙の記者は与良さんが毎日新聞の人であることを承知して言っていると思うのだが、与良さんはこの続きでこんな風に言う。
毎日新聞は決してそうではないけれど、確かにそんな傾向にある。
 毎日新聞もこれに近い事を書いていると思うのだが、そんな風にしか見えないところに、問題があるのだと思う。

 与良さんは関西の番組にも良く出ていて、親近感もあり好感も有るのだが、その人にしてこの認識なのかと思うと、暗くなる。

 記事の後半は鳩山首相の決意に関してだ。この見解は分かるが、ジャーナリストとしての問題点をスルーして欲しくはないと思う。

この記事へのコメント

カタカナサヨク
2009年11月20日 12:01
飯様のご意見に完全に同意です。
スポンサーや時効政権やその支持母体、米穀に米財界から、カネが流れているのでしょう。同時に、ジャーナリストという肩書きの職業も劣化が著しい。そういえば現在の四十五十代の記者連中は、要領かまして、あるいはコネを使って入社したのが多かったらしい。もともと何も考えないのに、「面白くなければテレビではない」風のキャンペーンを至尊のものとして、「報道」していれば、こうなりますね。

この記事へのトラックバック

  • ★堂々巡りの沖縄米軍基地問題!

    Excerpt: ★堂々巡りの沖縄米軍基地問題!追記有り。画像はクリックで拡大します。二枚目以後の Weblog: ようこそイサオプロダクトワールドへisao-pw racked: 2009-11-20 20:38