新自由主義について・・その哲学

 新自由主義に哲学があるとも思えないが、何か言っているようなので反論してみたい。

 人間は本来自由であるべきだ。それを政府などが規制するべきではない。規制のない自由な経済活動により、また成果に対し報酬を与える事により、さらに企業および社会が活性化する。国家、社会が発展し、すべての国民が豊かになる。
 縮めて言えば自由な活動により、国民が豊かになるということ。一応形としては「自由」は国民が豊かになる手段のように言う。
 それが正しいとはまったく思えない。

 事業を行う自由もあっていいし、成功すればそれに見合った報酬も有ってよい。日本国憲法にも次のようにある。
第29条 財産権は、これを侵してはならない。
 
 しかし、この条文には続きがある。
第29条 
2 財産権の内容は、公共の福祉に適合するやうに、法律でこれを定める。
3 私有財産は、正当な補償の下に、これを公共のために用ひることができる。

 新自由主義を主張する人たちは憲法改悪にも積極的だ。
 「戦後基本的人権などの権利を主張する余り、社会は荒れてきた。権利の主張を抑制すべきだ。」と彼らは言う。
 財産権も権利の一つだ。言論の自由などの権利と同格のものだ。なぜ財産権だけ権利主張が良いのか彼らは説明しない。
 同様に2項3項のあることは言及もしない。

 権利を濫用してはならないとの規定もある。
第12条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。
 別に憲法で言われなくても、人に迷惑をかけないことは常識中の常識だ。
 新自由主義の常識では、首切りや低賃金や長時間労働は迷惑では無いようだ。

 このような迷惑な行為が正当化される唯一の可能性は、国民経済が豊かになるとき、多くの国民が豊かになるときだけだ。「自由」は国民が豊かになる手段であると言える時だけだ。
 今格差が問題になっている。格差拡大といっても、富裕層の所得が増え、低所得者の所得も増えるのなら大問題にはならないだろう。富裕層の増え方が多少大きくてもだ。

 現状はどうなっているか。生活困窮者の福祉は切られ、非正規社員は増え続け、サービス労働はなくならない。富裕層の所得は大きく伸びている。
 景気の拡大から国民(特に低所得者)に分配されるのに時間がかかると言う。しかし、今の景気回復はいざなぎ越えというほど長期間になっている。いつ配分されるのか?
 安倍首相は「成長を実感に」という。これはまだ実感になっていないからだ。今の政策では実感される時は来ないだろう。
 富裕層の所得が中低所得層の減った分から来ているのは明白ではないのだろうか。

  「「自由」は国民が豊かになる手段」という言い訳は成り立たない。

 唯一の正当化手段は否定された。そこに残るのは「自由」の濫用だけだ。そしてそれは反社会的行為である事も明白だ。

 新自由主義の哲学は国民を幸福にする事ではなく、富裕層に利益をもたらす事であると私は考える。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロケットの夏
2007年08月25日 10:03
人間は本来自由であるべきだ。それについて他者が干渉するべきではない。金儲けも自由だ。 しかしながら際限の無い自由など有り得ない権利と義務は紙の裏表であり、社会的に高い地位や多額の収入を得る立場に有るものはそれ相応の義務の生ずる事を忘れてはならない。・・と思う。
2007年08月25日 22:34
ロケットの夏 さん
権利と義務の対峙はその通りですが、危険な面があります。
義務が増えそれを果たせなければ権利が減るのか?高収入のみとしてもどこからが高収入なのか??
権利に対峙すべきは権利だけです。それでこそ基本的人権であると思う。
ロケットの夏
2007年08月25日 23:15
この国の法律では全ての国民の人権が保障されているはずで低所得者やハンディキャップを負っている人もそれは同じである筈だ。彼らにも発言する権利、行動する権利が有る一方で、社会的に優位に有る人達が本当に社会貢献をしているのか、私は甚だ疑問に感じるのですが。  「どこで線引きするか」ではなく自発的に社会貢献する風土が必要だと思いますが。
2007年08月27日 23:21
ロケットの夏さん
「自発的に社会貢献する風土」が必要な事は賛同します。
しかしながら、金持ちの社会貢献が普遍的なアメリカで格差が非常に大きいことをどう考えますか?国民の隅々まで人権を確保するのは行政で無いと出来ないし、それが義務です。金持ちの社会貢献だけでは人権は維持できません。
 貧乏人が隣人と助け合いをするほうがよほど価値があるとおもいます。
 逆に今政府が社会に貢献せよ、国に貢献せよと言っている事に繋がらないか危惧します。あなたはお金を持っているから貢献せよと言われる気がしてきます。その時に問題になるのが「線引き」です。

この記事へのトラックバック