飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢一郎の軌跡

<<   作成日時 : 2006/04/21 02:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 民主党代表になった小沢一郎。いろいろと物議をかもして来た人物なので何をして来たのかから、その内実に迫ろうと思ったが、良く分からないのが現状だ。しかし書いておかないとネタ本がなくなるのでとりあえずメモとしておきたい。
 小沢一郎の父小沢左重喜(さえき)は1898年(明治31年)生まれで、弁護士をしていた。東京市会議員などを経て昭和21年に衆議院議員、その後運輸大臣となる。昭和43年に急死した。
 小沢一郎は昭和17年生まれ。2歳で東京から岩手県水沢市に疎開。子供の頃のこと「弟はガキ大将というんでは全然無かった。いつも決まって子分格。親分の後をトコトコとくっついて歩いていたの。ケンカをして、いじめられても、ベソをかきながらトボトボトついていくんですよ。相手にして欲しかったんでしょう。」

 中学2年で東京都文京区・湯島の中学へ転校。小石川高校から東大を受験するも2度失敗。慶應義塾大学から日本大学大学院に進む。弁護士を目指していた。大学院在学中(昭和44年、27歳)に父が急死し、地盤を受け継いで当選した。この時に田中角栄に会い応援を要請している。本では新しい父を得たと推測している。このときの選挙は地盤と後援会を引き継いだ形で選挙戦を行った。しかしその後の選挙はゼネコンとの癒着が噂され、それを後援とする選挙を行って来た。岩手には大物政治家椎名悦三郎がいて対立していた。

 その後田中派から創世会、経世会と移り竹下派の7奉行となる。大臣や党幹事長を歴任する。平成4年の佐川急便事件を発端に金丸のスキャンダルになり、腹心の小沢が苦労をする。その後経世会の内部闘争に敗れ会派が分裂する。最終的には小沢の離党、新政党の旗揚げに発展する。
 この一連の事件を小沢の反金丸クーデターと見、経世会乗っ取り策だったと言う見方もある。
 小沢は「改革フォーラム21」を結成した。代表は羽田とした。小沢は黒幕に回ることの方が多い。この頃の小沢の主張は「政治改革」であり、反対派へのレッテルが「守旧派」である。この改革はその頃のスキャンダルにまみれた自民党を改革する為の、政治資金の規制、連座制の強化、政党助成金、政策秘書の導入、小選挙区制の導入であり守旧派の最右翼がYKK山崎拓、加藤紘一、そして小泉純一郎である。

 平成5年の宮沢内閣不信任案造反を経て羽田牧党首の新生党を旗揚げする。すぐ後の衆議院選挙で、ほぼ同時に離党した武村正義のさきがけ、細川護煕の日本新党と共に議席を伸ばし、自民党の過半数割れに乗じ、社会党、民社党、公明などと細川内閣を作る。小沢の仕掛けだ。

 細川内閣がスキャンダルで倒れた後羽田牧内閣が出来るが、「改新」と言う統一会派を作ろうとした事により社会党の離脱を招き少数与党となり59日で総辞職となった。
 その後の展開が不可思議なのだが、首相指名で村山富一を候補とする自社さと海部俊樹を候補とする新生党ほかの対決となり村山政権が誕生した。小沢は自民党の仕掛け人亀井静香などに敗れた結果となった。
 議席数を減らしつつあった社会党抜きで「改新」なる大与党を形成し、自民党と共に2大政党制になりつつあったが、急ぎすぎたようだ。

 平成6年海部俊樹を代表とする新進党を結成。平成7年に小沢が代表となるが、党内の反小沢勢力など離党者が出たり、選挙に勝てなかったりした。平成9年には「保保連合」を提唱し、新進党を解党し、平成10年に自由党を結成した。

 民主党は新進党離党者などにより平成8年に結成されたが新進党の解党により新生民主党となった。自自連立により平成11年小渕政権が誕生した。その後公明が与党に参加し、小渕首相の病没後自由党が自由党と保守党に分裂し自由党は政権を離脱する。

 自由党と民主党の2大野党がしばらく続くが、支持率低迷の為平成15年合併をする。何度も代表との声はあったが代表選に立たず、満を持して平成18年に代表となる。


 小沢の一連の動きは2大政党制を目指していたもののように見える。小選挙区制の主張はそれを意味する。海部擁立からの失速の結果、自自連合に行ったというのが解し難い。当時既にあった民主党を大政党に見立て、自身は自民党に復帰すると言うことだったのか。
 民主党が大政党としては思わしくないので再度政権離脱をして合流したのか。しかし離脱(平成12年)から合流(平成15年)までが長すぎる。合流してから代表になるまでがまた長い。反小沢感情を納めるのにかかった年月なのか。
 しかしとにかく、民主党乗っ取り計画(大政党の代表になる計画)は達成した。あとはお手並み拝見と言うところか。

参考文献
闇将軍―野中広務と小沢一郎の正体
日本の政治 田原総一郎
Wikipedia 小沢一郎
Wikipedia 民主党
闇将軍―野中広務と小沢一郎の正体

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
????????????????-
&?&&?&?&&&&&&&?&?&?&?&&&&?&&&?λ?&Ψ&&&&?&?&&?&?&&&&&&&&&?&&?&&&&&&&&?&&?&&&&&&?&?&&&?????&&?&&&&&&&&&?&&&&?&&&?&&礦&&&&&??&?&&&?&&&?&&??&Τ&&&&&&&&&&?&&?&&&&&&&?&&&?&&&?&&& ...続きを見る
????????????????????...
2006/05/09 18:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
小沢一郎の軌跡 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる