「建国記念日に日本を考える」について

建国記念日に日本を考える」について
まずお題の「建国記念日」だが祝日を言うのなら「建国記念の日」だ。それをあえて「建国記念日」とするのは重いお題をなおさら重くしようという意図なのか。

 こちらのサイトに何故『建国記念日』でなく『建国記念の日』かが詳しく述べられている。2月11日は神武天皇が即位した辛酉(かのととり)年春正月の一日をグレゴリア歴にて換算すると紀元前六六〇年二月十一日になるようです。

 一つの問題は当時太陰暦にしても、正確な暦があったか、従って元旦を正確に確定できたかということです。 また辛酉(かのととり)年は60年に一回やってきます。(ウィキペディア)天皇の在位年数から逆算していくのでしょうが、天皇の寿命が100年を超える者も散見され、簡単ではないはずです。しかも紀元前660年はまだ縄文時代なので、神話に出てくる剣や矛の金属器の説明がつきません。ということで2月11日の科学的根拠は乏しいことになります。

 もう一つは日本国の建国を記念する日が神武天皇即位でふさわしいのかという問いです。例えば現在の日本は現憲法の下政治体制が変わりました。戦後のある時の方が記念日としてふさわしいと思いますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック