飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS フリフリ内閣だね

<<   作成日時 : 2017/08/03 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 説得力のない反省を繰り返す学習能力のない演説であった。
冒頭、安倍総理大臣は「先の国会では森友学園への国有地売却の件、加計学園による獣医学部の新設、防衛省の日報問題など、さまざまな問題が指摘され、国民から大きな不信を招く結果となった。改めて深く反省して、国民におわび申し上げたい」と述べ、陳謝しました。NHK
 問題が指摘され、国民の不信を招いたことは事実だが、総理は何を反省し、何をお詫びするのか全く分らない。反省、お詫びのフリフリだ。

 ある人は言う。謝るのは簡単だと。ただただ頭を下げ続ければよいと。そのうち怒っている相手も疲れてきて、もういいやとなるからと。そして何かをするとは決して言わないことだと。
 それは確かに簡単で楽なことだ。ただこうすることによる有るリスクがある。例えばそれが何かを販売する店であるならばあきれかえった客は二度と客にはならないと言うことだ。だからこれがよいという場合は、他に店がない場合あるいは客が非常に多く客を逃しても他の客がどんどん来てくれる場合だ。
 今の場合は、他に店がない、すなわち政権交代する政党がない事に由来するのではないか。

そして、安倍総理大臣は「国家戦略特区での獣医学部新設では、内閣府と文部科学省との調整過程をめぐり、当事者間で『言った、言わない』の水掛け論に陥り、疑念を招いた」と述べたうえで、省庁間の調整プロセスの透明化に取り組む考えを示しました。NHK
 これぞ良く言ったといえる台詞だ。
 「当事者」には総理は入らないと思っているのだろう。総理だけではなく総理側近も当事者ではないと思っているのだろうか?実際に国会で政治家が言った言わないとやったではないか。これは健忘症なのか?
 内閣府と文科省の調整と言うが、一方的な力関係がある調整だから、透明化だけでは問題は解決しない。しかしそれはそれで良いことだが、今までの調整過程を透明化してから今後のことを考えるべきだろうが。今までの事を闇に隠したままではどんな対策も嘘にすぎない。
 上記の発言は規制改革を言った中にある。だから決して反省だのお詫びだのの一環ですらない。それをお詫び風に記述するのはNHKの忖度なのだろう。

 独占禁止法の精神は重要だと今さらながら思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フリフリ内閣だね 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる