飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS カジノ含むIR整備に向け説明公聴会??

<<   作成日時 : 2017/08/19 01:09   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 政府はこれで国民の意見を聞いたと嘯くつもりなのだろう。
政府は、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備に向けて、市民などを対象とした説明公聴会を開き、参加者からは、カジノの整備に賛成の立場から入場回数の制限を限定的にすべきだという意見の一方、ギャンブル依存症対策が不十分だとして整備に反対する意見も出されました。NHK
 これに関する正式な情報はこちらで分る。 8月1日からパブリックコメントを募集、説明・公聴会を中旬に実施するとのことだ。

 この話で一番分らないのは何を説明するつもりなのかだ。政府は推進法可決を受けて検討をしているはずだが、それはどんな結果になったのか報道が全くされていないことだ。メディアはこんな状況で報道をしないことは、報道機関としての義務を全く果たしていないと思う。というか、報道しないことが政府の利益になると判断しているのだろうと思う。
 その結果として冒頭に引用したような抽象的なほぼ無意味な議論しか無いと国民に思わせることが可能となるのだろう。

 政府は説明すると言っている内容は特定複合観光施設区域整備推進本部と言うところで検討されている。8月1日の議事録によれば
(安倍内閣総理大臣御挨拶)
山内議長をはじめIR推進会議の有識者の皆様には、幅広い論点について、専門的な見地からご検討頂き、その結果をとりまとめて頂きました。IR推進本部を代表して、感謝の意を表したいと思います。今後、さらに国民的な議論を尽くす観点から、今月一杯をかけて、パブリックコメントや全国各地で説明・公聴会を開催し、国民に丁寧に説明する機会を設けていただきたいと思います。その上で、幅広い国民の皆様のご意見も踏まえて、魅力ある「日本型IR」の具体案を創り上げていきたいと考えます。引き続き、IR担当大臣を中心に関係閣僚が協力して取り組んで頂きますよう、お願い申し上げます。
 となっている。要するに有識者が検討しまだ決定も何もしていない案により国民的な議論をするらしい。本当に議論に耐える検討結果が出来ているのだろうか?

 公聴会で配付される資料が公開されている。
資料2 IR推進会議取りまとめ(プレゼンテーション資料)(PDF/4,166KB)
資料3 IR推進会議取りまとめ(概要)(PDF/201KB)
資料4 特定複合観光施設区域整備推進会議取りまとめ(本文)(PDF/5,226KB)

 資料2と3は余りにも抽象的でほぼ意味はない。分ったつもりになる資料だ。
 資料4は詳細に書いてあるが、問題点はある。それを細かく示すより、面白い資料が有るのでそれに沿って論じる方が実質的で分りやすい。それは資料4の98ページ参考資料3だ。
第1回推進本部(4月4日)における本部長(安倍総理大臣)発言概要 ほぼこれに沿った検討がなされているので、問題点もこれに沿って議論出来る。
(1)家族連れで楽しめるエンターテイメント施設や、国際会議場・展示場等を一体的に運営し、また、日本の伝統・文化・芸術を生かしたコンテンツを導入することで、国際競争力の高い滞在型観光を実現するものにしていかなければなりません。
 国際競争力と言うからにはターゲットは外国人の筈だ。そして国際競争力をどのようにつけるのかがほぼ分らない資料になった。
(2)また、シンガポールのような大規模な民間投資が行われ、大きな経済効果・雇用創出効果をもたらすものとすることも重要です。
あわせて、IR を訪れる旅行客が全国各地を訪問できるようにし、全国で経済効果をもたらしてまいります。
 経済効果は重要だが、どの程度有るのかは全く触れられていない。
(3)カジノ収益を幅広い公益目的に還元することにより、国民の幅広い理解を得られるようにすること
 税金などで還元すると言うが、どの程度可能なのか説明はない。
(4)クリーンなカジノを実現するため、世界最高水準のカジノ規制を導入するとともに、それを的確に執行するための体制を整備すること
 これは詳しく論じている。だが厳しくやると言うだけでどのような効果があるのか実施可能なのかはスルー。
(5)依存症やマネー・ローンダリング、青少年への影響等、IR についての様々な懸念に万全の対策を講じることも重要です。
 突如入場回数制限とか年齢制限が出てくる。これによりどの程度の効果があるのか全く触れられていない。
 それよりも、国際競争力とか観光収入とか散々言っておきながら、やはり日本国民を狙っていた事がここで判明する。韓国のカジノはその殆どが外国人相手だが、その議論はスルーだ。首相挨拶でもスルーだが、検討資料でもスルーだ。良く出来た有識者たちだと思う。

 これに対する意見はこうあるべきだ。
 刑法の例外とする程の公益性があること、収益が上がることの検討がされていないので、実施すべきかの判断が不可能。
 日本人を対象とすべきか、議論がない。
 日本国民のカジノ依存症防止策の効果検証が不十分。
 公共政策とするらしいが、根拠が示されていない。同時に、公共投資の是非についても議論が必要。

 私はIRがうまくいくと思っていないので、反対の立場です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カジノ含むIR整備に向け説明公聴会??  飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる