飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 空(くう)と空(そら)は違うと思うのだが

<<   作成日時 : 2017/07/22 00:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 目が点になった瞬間だ。
シンボル施設として「空(くう)」と名付けた大型広場を5カ所に配置。広場を覆う大きな屋根の真ん中に穴を開け、空が見えるようにして「禅」の精神に通じる「空虚」を表現する。毎日
 空(くう)の仏教における概念は難しい。一言で言えば何かにとらわれないことを言うのではないか?
「色即是空」の訳は「すべて物質的現象には実態がない」(中村元訳・岩波文庫「般若心経」)
 のようだから、極めて哲学的な話だ。wiki参照

 「空が見えるよう」にすればそれが表現出来るのか?そんなはずはない。空(そら)と空(くう)は違ったものだ。

 中国語では空はあいたものをいう。駐車場で空きがある時に「空」と表示するのは同じ意味である。
 中国語でそらを意味するのは天ではないだろうか。日本語で空を何故使うのか。私には分らない。

 英語では空(くう)はemptyであり、空(そら)はskyだ。その二つを同一視しても理解されないだろう。

 

 「禅」の精神に通じる「空虚」と言うが、本当にそうなのだろうか?「空虚」のように虚しいものなのだろうか?

 広場とはヨーロッパに良くある広場をイメージしているのだろうか?そうであれば、そこは町の重要な役割を果たす場だ。決して空虚な場所ではない。概念がおかしいのではないかと思う。

 これは万博会場の構想らしい。まだ世界に発信していないのなら、恥ずかしいからやめて欲しいと思う。日本文化も西洋文化も理解していないことがばれるから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空(くう)と空(そら)は違うと思うのだが 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる