飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 国はミサイルから国民を守らないって

<<   作成日時 : 2017/04/23 01:50   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ついに国はミサイルから国民を守らないと宣言した。
政府は21日、都道府県の危機管理担当者を集めた説明会で、北朝鮮の弾道ミサイルの着弾を想定した住民避難訓練を行うよう要請した。政府は3月、秋田県男鹿市でミサイル着弾を想定した住民避難訓練を行っていたが、全都道府県に要請したのは初めて。避難先をあらかじめ決めずに住民が臨機応変に対応する訓練や退避が間に合わない住民がいるケース、自動車運転中の避難などを例示。また、内閣官房ウェブサイト「国民保護ポータルサイト」にミサイル落下時に取るべき行動を掲載し、各自治体に住民への周知を求めた。毎日新聞
 レーダーを設置し、日本海にイージス艦を浮かべ、アメリカ韓国と情報を共有し、最終的にPAC3で迎撃すると宣伝してきた筈なのに、それらは効果もなく、国民は自分で身を守らないといけないと国に見捨てられたようだ。

 その具体的な身の守り方も教えてくれるようだ。こちらに詳しくのっているそうだが、簡単に言えばこう。
政府は説明会で、北朝鮮が昨年8月に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射したことなどを挙げ、「発射の兆候を事前に把握するのは困難」などとして早期の訓練を要請。着弾情報が流れた場合の行動として、(1)頑丈な建物や地下街への避難(2)適当な建物がない場合、物陰に隠れるか地面に伏せる(3)屋内ではできるだけ窓から離れるか、窓のない部屋に移る−−などを示した。
 これを見れば政府は弾道ミサイルには通常爆弾を搭載していると想定しているようだが、今まで核爆弾とか、化学兵器が搭載されると言っていたのだが、それに対する守り方も是非教えて欲しいものだ。

 ついでに言えば事前の準備として防空ずきんを持ち歩くことものせるべきではないか。通常爆弾であれば火災も起きるだろうか消火訓練、バケツリレーなんか最高だよ。建物の破壊消防なんかも立派なものだ。
 北朝鮮は特殊部隊を送り込むと言うから、竹槍で身を守る訓練も必須ではないの?

 こんな非常識きわまる、時代錯誤の、平和ボケした政府には、直ちに退場いただかねばならないと思いませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国はミサイルから国民を守らないって 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる