飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS この報道は偏向していないのだろうか?

<<   作成日時 : 2017/02/07 22:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 国会でこのように発言したそうな。
民進党の井坂国会対策副委員長は、今週末の日米首脳会談に関連して、「GPIF=年金積立金管理運用独立行政法人は運用先としてアメリカのインフラ投資を増やそうとしているが、『国民の年金を使ってアメリカの雇用を増やし会談の手土産にするのか』との声もある」と指摘しました。NHK
 民進党の井坂国会対策副委員長がGPIFの運用先を断定したように表現する。
 たいして首相が
安倍総理大臣は「私はGPIFに指示できない。法的にできないことを、まるでできるかのごとくに言うのは、デマだ」と強く反論しました。

そして、「これから首脳会談をやる時に、せっかく交渉しに行こうという時に、足を引っ張っている。全くのひぼう中傷で、極めて不愉快だ」と述べました。NHK
 これをデマと言う。

 知らない人は民進党がデマを流して、首相が怒ったと思うのだろう。国会の議事録はまだでないから、インターネット中継を見なければならないのだろうが、デマの経緯はネットを見ていれば分る。あるいは少し前のテレビでも、質問者は違うが異なるやりとりがあったことは記憶にある。

 日経新聞が報道した内容が上記の「デマ」の中身である。首相は「報道のすべてが正しいわけではない」と言っていたから十分知っているはずだ。そしてこのことをNHKも知っているはずだ。これを国民を欺く報道と言って差し支えないのではないか?

 足を引っ張っていると言うがこんな事をいうのであれば足を引っ張る必要があるだろう。
安倍総理大臣は「さまざまなウィンウィンの形で、まさに、新幹線の技術をアメリカに売り込む。『こういうパッケージがあり、その中で雇用もこうやって作っていくことができる』という大きなパッケージで持っていく」と述べ、首脳会談では、アメリカ国内での雇用創出につながるインフラ投資などを提案したいという考えを強調しました。NHK
技術を売り込むのは良いけれど、何故投資を提案するのか?アメリカのインフラを日本の金で充実するより、日本のインフラを充実すべきだろう。アメリカへのインフラ投資が十分の利益を得るのならそれを先に説明すべきだ。こんな怪しい話をしに行く人の足を引っ張ることの方が国益になると私は思う。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
この報道は偏向していないのだろうか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる