飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝日もか、世論調査のような世論操作

<<   作成日時 : 2017/02/22 01:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 朝日の世論調査結果、不思議と思った。
朝日新聞社が18、19日に実施した全国世論調査(電話)で、「テロ等準備罪」を設ける法案の賛否を聞いたところ、「賛成」が44%で、「反対」25%を上回った。賛否を明らかにしない「その他・答えない」も31%にのぼった。中略
この法律で、犯罪組織だけでなく、一般の人まで取り締まられる不安をどの程度感じるか聞くと、「大いに」と「ある程度」を合わせた「感じる」は55%。「あまり」と「まったく」を合わせた「感じない」は38%だった。
 不安を感じるのに何故賛成するのだろうか?経済が良くなっていないのに安倍政権を支持する不思議と同じだ。

 政権支持は謎が多いままなのだが、こちらの種は極めて単純だ。
◆政府は、過去3度廃案になった「共謀罪」の法案の内容を改め、組織的な犯罪について、準備の段階から取り締まる「テロ等準備罪」を設ける法案を、今の国会に提出する方針です。この法案に賛成ですか。反対ですか。

 賛成44

 反対25朝日
 これは世論調査の文面だと朝日が言う。これを電話でさらっと言われたら頭に残るのは共謀罪、改め、テロ準備罪、ぐらいだろう。普通の人は評判の悪かった共謀罪を改めテロの対策に特化した法律にするんだと思うだろう。テロは防がねばと思って賛成と答える人も多いだろう。中身を知っている人は反対と言うだろうし、慎重な人はそうは言ってもとその他を選ぶだろう。

 そして次の質問を聞いて混乱の極みになると思う。
◆「テロ等準備罪」によって、犯罪組織だけでなく、一般の人まで取り締まられる不安をどの程度感じますか。(択一)

 大いに感じる13

 ある程度感じる42

 あまり感じない29

 まったく感じない9
 改めたはずなのに一般の人も取り締まられるのかと思う。前問とのギャップは何なのかと。
 その危険性があるかのような質問を受ければ不安を感じると答える事が多いだろう。

 当然質問の仕方によって答えは大きく代わるだろう。もし質問の順序が逆だったら調査結果は全く違ったものになったと思う。

 この結果を受けてこんな分析もやっている。
法案に「賛成」の人でも「大いに」7%と、「ある程度」39%を合わせた46%が不安を「感じる」と答えた。「反対」の人では「感じる」が81%を占めた。
 回答間の相関を見ることは有意義なことだが、このような答えが誘導されたものではほぼ意味がないと思う。
 この分析をした記者は質問文を知っているのだろうか?

 賛成反対は政府の見解をそのままのせ、不安については野党の見解をのせる。こんな分裂した質問をする朝日は、そのものが分裂した存在なのだろう。そして今の朝日に存在価値はあるのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
朝日もか、世論調査のような世論操作 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる