飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS オスプレイは沖に不時着した

<<   作成日時 : 2016/12/15 00:16   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 最初の報道はオスプレイが名護沖に不時着したと言うものだ。不時着したのに何故か怪我人がいるという。何か変と感じた。

 その後機体の映像がでた。海岸に打ち寄せるような波にもまれたボロボロになった機体の映像だ。なんだこれは。
 それは海岸に墜落したオスプレイではないか。怪我もするだろう。

 誰が沖とか不時着と言ったのだろうか?
アメリカ軍の防衛省への説明によりますと、事故機は当時、ほかのオスプレイ1機とヘリコプター1機とともに、KC130空中給油機から上空で給油を受ける訓練をそれぞれ行っていました。
その際、空中給油機の燃料を送るホースが切れ、事故機の側に不具合が起きて飛行が困難になったということです。

パイロットは住宅地上空の飛行を避けるため、名護市辺野古の海岸沿いにあるキャンプシュワブに向かいましたが、たどり着けないと判断し、沖合の浅瀬に不時着したということです。

アメリカ軍は「機体はコントロールできる状態で、パイロットが意図した場所に降りた」としたうえで、「原因が機体にある可能性は極めて低いと見ている」としています。NHK
 ここで使われている言葉が沖合と不時着だ。沖合の浅瀬とは遠浅の海岸で陸地からある程度の距離があることを示すが、現地は海岸の目の前で明らかな嘘だ。そしてこの表現が米軍発であり、日本のマスコミは早い時期に現地を確認しているにも関わらず、訂正しなかった事も事実だ。

 こんな表現もある。
An Osprey crashed off the coast of Okinawa, Japan, on Tuesday. All crew members aboard have been reported safe.こちら 海岸だし、破壊だし。

もうひとつ、この説明で重要なことは「機体はコントロールできる状態」と言ったことだ。コントロール出来るならば、キャンプシュワブの方向に合致したところに「不時着」しているはずだが、東方海上からみれば方向違いの海面にある。キャンプシュワブに向かったと言う説明は納得が出来ない。 
ニコルソン(四軍調整官)氏は「パイロットは住宅、住民に被害を与えなかった。感謝されるべきだ」と抗議に不満を示したという。朝日
 パイロットは住民に危険を与えない配慮をしたような言い方だ。だが「不時着」地点の至近には住宅がある。パイロットは何故住宅に近づいた海面に降りたのか。納得がいかない。

 恐らくこんな事だろうと思う。
 給油のホースがプロペラに当たり、プロペラのバランスが狂う。操縦はある程度出来るが機体の震動が大きく不安定な状態になり帰還することにした。普天間に進路を取ったが着かないと思いキャンプシュワブに向けた。だが完全にコントロール出来た状態では無かったので、とにかく海岸に近い所まで持って行った。それは住民の安全のためではなく、自身が浅い海に行き溺れないようにするためだった。

 日本全国のオスプレイが飛行する可能性のある住民は、来航することに反対するべきだ。自身がオスプレイの下にいると想定して考えるべきだ。絶対に下にいることがないと思っている首相とか防衛大臣とか外務大臣とかの発言は無意味だ。

 ついでに普天間では別のオスプレイが胴体着陸したそうな。単に足を出し忘れただけかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オスプレイは沖に不時着した 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる