飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 自民党憲法改正草案と大日本帝国憲法

<<   作成日時 : 2016/10/17 01:16   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 自民党憲法改正草案が現行憲法を改悪させるものであることは明白だが、その改悪の方向性は、大日本帝国憲法へまっしぐらと言えるだろう。
 それこそが戦後レジュームからの脱却に合致したことである。

 いくら戦前への回帰を目指しても民主主義からは完全に脱却は出来ない。だが現在の状況を見れば民主主義も極めて危ないと言わざるを得ない。
 例えば戦争法に多くの国民が反対し、原発再稼働に多くの国民が反対し、TPPに多くの国民が反対する中、それらを闇雲に進める政権を選挙に勝たせる。これが民主主義の危機ではないのだろうか?
 なぜこんな事になったのか、その理由を国民は理解出来ていない。メディアも学際も何も言わない。メディアは逆にこの状況を作っていると言っても嘘のはならないと思う。

 こんな中で憲法を変えることは最後の砦を崩すことに他ならない。それこそ、戦前へまっしぐらである。

 草案の象徴的な部分はこれだ。現行の
第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
第一〇二条 すべて国民は、この憲法を尊重しなければならない。
2 、国会議員、国務大臣、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。
 としたところだ。さらにこんなことも言う。
第三条 国旗は日章旗とし、国家は君が代とする。
2 日本国民は国旗および国歌を尊重しなければならない。
 憲法は国家を規制するはずが、国民を縛るものに変化している。これが基本だ。
 リンク:自民党憲法改正草案 大日本帝国憲法

 基本的人権の規定も重要だ。
第二九条 日本臣民ハ法律ノ範囲内ニ於テ言論著作印行集会及結社ノ自由ヲ有ス

第二一条  集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
2 前項の規定に関わらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない。
 公益及び公の秩序を判断する主体が政府であれば、法律を作る主体が政府であることと同じだ。だから、この条文は戦前と同じなのである。
 ちなみに現行の「公共の福祉に反しない」は個人の権利間の調整とされていて、国家の介入ではない。

 戦争に関してもまっしぐらだ。九条一項は不戦条約を結ぶ現在の国家では普通のことだ。侵略を行うことや紛争を軍事で解決出来るとする国はない。
九条
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない
 国連憲章で言う自衛権は、国連軍が出来るまでの短期間のものだが、現実はそんなことになっていない。例えばアメリカが拒否権を発動すれば国連軍は永久に出来ないわけだ。アメリカは自衛権によりアフガンに侵攻出来たわけだ。上記の条項により戦争は普通に出来るようになるわけだ。
帝国憲法は
第一一条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス
第一二条 天皇ハ陸海軍ノ編制及常備兵額ヲ定ム
第一三条 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス
 内容は草案と同じだ。

 緊急事態条項を熱心に入れようとしている。帝国憲法は
第一四条 天皇ハ戒厳ヲ宣告ス
〔2〕戒厳ノ要件及効力ハ法律ヲ以テ之ヲ定ム
第八条 天皇ハ公共ノ安全ヲ保持シ又ハ其ノ災厄ヲ避クル為緊急ノ必要ニ由リ帝国議会閉会ノ場合ニ於テ法律ニ代ルヘキ勅令ヲ発ス
〔2〕此ノ勅令ハ次ノ会期ニ於テ帝国議会ニ提出スヘシ若議会ニ於テ承諾セサルトキハ政府ハ将来ニ向テ其ノ効力ヲ失フコトヲ公布スヘシ
 戒厳を規定している。だが、国会を超えるとはしてはいないのだ。
 自民党草案は国会の開催に関わらず、九九条で政令が法律と同一の効力を持つと規定している。これに限って言えば大日本帝国憲法を超えているわけだ。

 以上のように自民党憲法改正草案は現行憲法と比べるより、大日本帝国憲法と比べる方が良いと示してきた。
 冒頭に言ったように、そこには国民主権という大きな違いがあるが、健全ではない民主主義の元ではその違いが無くなってしまうことが重大なところだ。

 近代国家ではあり得ない憲法草案だ。本当に恥ずかしい草案である。そしてそんなものを平気で出せる与党自民党も恥ずかしい存在である。
 これをたたき台として憲法審査会で議論すれば、恥ずかしい議論となるだろうが、自民党はやっと気がついて修正するらしい。どうなることか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自民党憲法改正草案と大日本帝国憲法 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる