飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 北方領土交渉はどう?

<<   作成日時 : 2016/10/04 00:24   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 北方領土交渉は二島返還で決着かと噂されている。これは宗男氏が首相に何度もあってそう言ったと言われているからなのか?
「(歯舞・色丹の)2島の先行返還論、ある新聞に載りましたけれども、2島の先行返還というのはあり得るんですか」(民進党 前原誠司衆院議員)TBSニュース
 まともに聞いちゃったわけだ。珍しく答えたようで
「交渉においてはですね、先ほど申し上げましたように、一貫した交渉姿勢、つまり4島の帰属問題を解決して平和条約を締結していく、この考え方に変わりはないわけでございます」
 微妙に言葉が違うのだが、メディアも民進党も注目していないのだろうか?
 「返還」と「帰属問題を解決」は同じ意味なのだろうか?わざわざ言葉を換えているから意味も換えていると解釈するのが普通だろう。

 例えば、日本が残った二島の帰属問題はもうないと表明すれば、解決するわけだ。こちらのほうがいろんな形を取りうるわけだ。

 ロシア側では二島の返還すらすんなりとはいかないと言われている。そのためには日本からどれほどの援助、つまりゼニをとれるかにかかっているわけだ。
 わたしはプーチンの思惑は多額のゼニと引き替えに二島返還と平和条約をぎりぎり譲歩したと言う筋書きだろうと思う。当然、日露双方にとって国内向けに宣伝になることは織り込み済みだろう。ロシアはゼニを手に入れ、日本は二島を手に入れると言うわけだ。

 このストーリーには強敵がもう一つある。それはアメリカだ。日露が接近しすぎることには伝統的に反対してきたアメリカだ。ただ、今の首相の強気を見ていると決着済みなのかも知れない。日刊ゲンダイによれば、日本がTPPを批准することがお土産になっているという。本当なのだろうか?

 ところが、此のストーリーでは残った二島国後択捉という大きな島が懸案で残ってしまう。この扱いは恐らく日露では違うのだろう。表面上は同じ表現で済ますのだろうが意味は全く違うダブルスタンダードを今から考えていることだろう。
 どう言うのだろうか。日本が主張するべき「国後択捉の帰属問題について協議を継続する」なんて成立するはずもないと思う。
 最悪はこんな所。「今後の日露の友好を深めていくためにも、地域の開発などについて協議を続ける。」
 落ち着き所はどんなところなのだろうか?

 もし二島でいいのなら、いつでも出来たことであって、成果でも何でもない。そう理解するべきである。そして、そんなことで良いのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この答弁を引き出したのが、あの民主党政権時代に解除保安庁の所轄大臣だった日本版ネオコンの前原だったことは意味深。
この微妙な違いの大事さですが、本土の人はほぼ無関係だが北緯27度線以南の沖縄県は大問題ですよ。
尖閣の主権問題に関してアメリカ国務省報道官に対して、執拗に食い下がって繰り返し繰り返し質問しているのですが、・・・
沖縄の施政権は日本に返還したと答えるだけで、主権問題に関しては一切答えないのですよ。最後には一方的に記者会見を打ち切って仕舞うが、
この質問をしたのは日本の新聞社ではなくて中国の記者だった。
沖縄県民なら長い軍政のお蔭で、主権と施政権とが別々である程度は全員が知っているが、困ったことに本土の人間では違いに気が付かない。
今回のこの記事ですが素晴らしい着眼点ですね。私も以前から記事にしたいと思ってるのですが、なかなか仕上がらない。
日本政府の言い分が、微妙に違っている(多分中身が大きく違っている)事実に気が付いている人は、残念ならがごく少数です。
宗純
2016/10/07 15:39
宗純 さん コメント有り難う御座います。
交渉はどうなるんでしょうね?決して良い方向ではないように思います。
施政権は安保条約との関係で聞くからそうなるんでしょう。アメリカは領土問題不介入としているから主権を聞いても駄目なんでしょう。
それよりも竹島はどう?て聞けば興味深いですね。
飯大蔵
2016/10/07 17:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
北方領土交渉はどう? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる