飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の国会に金晋三が登場した日

<<   作成日時 : 2016/09/27 01:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 なんともおぞましい映像だ。だがもっとおぞましいのはこの件がメディアに登場しないことだ。

 朝日新聞は安倍首相の所信表明演説を全文記載している。そこにこんな文章がある。
 東シナ海、南シナ海、世界中のどこであろうとも、一方的な現状変更の試みは認められません。いかなる問題も、力ではなく、国際法に基づいて、平和的・外交的に解決すべきであります。

 そして、我が国の領土、領海、領空は、断固として守り抜く。強い決意を持って守り抜くことを、お誓い申し上げます。
 ここでは平和的・外交的に解決すると思うのだが、次項ではそうではないらしい。
現場では、夜を徹して、そして、今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています。極度の緊張感に耐えながら、強い責任感と誇りを持って、任務を全うする。その彼らに対し、今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか。
 軍事的に守ることは平和的・外交的より重要だと言ったに等しい。

 だが問題はこの後だ。
画像

 小さくしか写っていないが首相は拍手をしている。自民党の議員たちも拍手をしている。その様はあの国とそっくりではないのか。何ともおぞましい。

 この写真は朝日の記事からは想像もつかない。毎日のWEBにも今のところ片鱗も発見出来ない。

 不思議なことにNHKが片鱗を報道している。
馬場氏は、「自民党の一部の議員が立ち上がって拍手をしていたが異常な光景だ。落ち着いて真摯(しんし)に議論し合う状況ではなくやめるべきだ」と述べました。
小沢氏は、「議場で、自民党議員が起立して拍手して、本人も拍手してというのは異様な光景だ。今まで日本の議会では見られないことで、ますます不安を感じた」と述べました。
 だが動画ではこの部分は報道されてはいない。

 所信表明演説の動画はTBSがネットにあげている。(26分20秒)すべての演説をあげているが、ネットで見るのなら国会中継を見るのと同じであって、電波に乗せることが放送局の値打ちなのだが、そんなことはしていないのだろう。

 このおぞましさは動画で見て実感出来ることだ。ネットでの拡散を希望する。

追記 琉球新報の記事
首相の拍手に自民議員一斉起立 「北朝鮮か中国」と野党
2016年9月26日 21:53


 衆院本会議で安倍首相(右)の所信表明演説中に起立して拍手する自民党議員=26日午後
 安倍晋三首相が26日の衆院本会議で、自衛隊員らをたたえるため所信表明演説を約10秒中断し拍手、多くの自民党議員がこれに応えて、一斉に起立し拍手する一幕があった。野党は「北朝鮮か中国共産党大会みたいだ」(小沢一郎生活の党共同代表)と批判した。

 首相は演説で「今この瞬間も、海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が、任務に当たっています」と訴えた上で「今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」と呼び掛け、拍手した。自民党議員が立ち上がり首相に倣ったため、大島理森議長が「ご着席ください」と注意した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
議長や与党内からも批判。野党の反発では記事にならないという寂しさです。
ましま
2016/09/27 17:07
自民党に緊張感がない現れです。自民党から戦争を知る世代がいなくなったのだと思います。
野中広務氏。政策の良しあしは別にして、「どうぞ大政翼賛会のような形にならないように若い皆さんにお願いをして」という考えは安倍ファミリーには無いようです。
一般人
2016/09/27 21:10
ましま さま
少しずつ記事が出ているようです。様子見の結果?
飯大蔵
2016/09/27 22:43
一般人 さま
保守はあの戦争を知っていましたね。今の人は怖いですね。
飯大蔵
2016/09/27 22:45
記事中の、『動画はTBSがネットにあげている。(26分20秒)』ですが、
興味を引かれ見に行ったら、30分10秒だった。
官邸のホームページ(内閣広報室)で確認したのですが、内閣30分10秒なのです。TBSが後で変更したのでしょうか。
拍手の時間が毎日が10秒以上で、朝日が10秒間。スポーツ紙が20秒なのですが、実際の映像を見ると20秒なのです。

文章で読むと、これでは国会で「兵隊さんよありがとう」の拍手という流れなのですが、
ただ少しだけ弁護すると、官僚が書いたらしい原稿の棒読みがダラダラと30分も続くのですよ。あまりにも退屈なので、
萩生田官房副長官が何かの余興(暇つぶし)が必要だと考えたのでしょう。
あれ、たぶん、国会解散での万歳三唱の予行演習ですよ。

説の中身ですが、私としては一番気になったのは、『領土、領海、領空』と三つを並立的に喋っていた部分で、あれは誰も突っ込まないのは不思議と言えば一番不思議。
領土や領空は無断で入っただけで主権の侵害になるが、実は領海には自由航行権があり、外国軍艦であっても違法ではない。
挙国一致の日本のタブー(禁忌)として「日中漁業協定」隠していたが、
極最近から、メディアの大変化で今では書くようになっています。
宗純
2016/09/28 14:01
宗純 さん コメント有り難う御座います。
時間はTBSで見たつもりですが、どうなっているのでしょうね。
余興にしては首相の満面の笑みが気持ち悪すぎます。
領海については仰るとおりなのですが、守るべきはEEZのほうであって、漁業協定の悲惨さをメディアは今でも殆ど書いていないと思いますが。
飯大蔵
2016/09/28 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の国会に金晋三が登場した日 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる