飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアはオリンピックにて大本営翼賛化してしまった

<<   作成日時 : 2016/08/21 00:55   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

 戦後のメディアは第二次世界大戦での報道姿勢を反省し、本当の、国民のためになるメディアを目指して反省した上で改善すると宣言してきた。当時のメディアは新聞とラジオだけだったが、それを改善するとしてきたわけだ。
 そう言ったことを書いていた本が図書館には所蔵されていたが、今はどうなっているのだろうか?

 オリンピックに参加する選手たちは自身の夢の実現のために研鑽してきたものであり、その活躍を讃え、良い結果、悪い結果に関わらず評価するものである。
 だが今のメディアはメダルでしか評価しないように見える。それがスポーツを報道する姿勢なのだろうか?

 日露戦争の頃から新聞などの報道により、民衆が熱狂し過激な行動に出たという。訴訟にもなった「百人斬り」は逐一の事実ではなかったがあったような話だったそうだ。それは民衆が欲していたからだという。民衆は元々欲していたのだろうか?南京入城時の提灯行列は何故起こったのか?民衆の自発的行動なのか?

 太平洋戦争時は勝った勝ったの誇大報道から始まり、虚偽報道へと変化した。戦後の反省はこれらの点に集中していたが、それだけが問題だったのだろうか?

 メディアは戦争をより遂行するために、良い結果を誇張し、悪い結果を隠しあるいは虚偽を報道した。一部だけの反省で良かったのだろうか?

 オリンピックの報道ではニュース報道やニュース番組において時間が限られるからもあるが、極端な編集が見られる。
 日本選手の活躍だけを報じる。
      逆に相手の選手などは国も名前も報じない。日本選手が一位でない場合は、一位になった選手の国も名前も報じない。
 日本選手の関係者の言葉を延々と流す。
      日本国民のためにがんばった等のコメントは大歓迎される。
 事前の成績の評価を流さず、結果のみを流す。
     ただただ、日本選手が勝ったことだけを流す。ラッキーな勝利であっても関係ないわけだ。


 日本からオリンピック会場へ試合を見に行っている人も多く、あるいは実況中継も存在するから嘘はつけない。だが必要な情報を流さないとか、見解の相違で済まされると思えばそれで通す。

 例えば男子100m×4ではアメリカが2位となる公算が大きかった。
 そのアメリカについて全く触れないものもある。3位になったとするものもある。さらに正確にバトン時のミスで失格になったと書くものもある。
 報道の制約と言い訳をするかも知れないが、延々と関係者のコメント流していたから時間は十分あるはずだ。
 日本はバトン受け渡しの技術を磨き、アメリはそれをしなかったから敗れたわけで、それをそのまま報道すれば、さらに輝いたと思うのだが、そうは思わないメディアが多すぎる。

 卓球でも柔道でもレスリングでも日本が勝った場面ばかり写す。それだけを見れば勝ったと思うのだが、負けていたものも沢山ある。それで実相を伝えていると言えるだろうか?
 これと同じ事は阪神タイガースの結果報道でもやっている。だがそれはメディアと視聴者の同意の下でやっていることだ。勝った場面は何度も見たいし、負けた場面は見たくない。勿論両方ともを知っているからだ。オリンピックのすべてに実況中継を見ていなければ知っているとは言えないわけで、そんな人がどれくらいいるのだろうか?


 オリンピックに出発する選手たちを壮行会として報道する。
 勝った場面ばかり報道する。
 日本代表とか、日の丸を背負ってなどと連呼させる。
 次の大会へ国民の関心を引き継がせる発言を入れる。
 政権の責任者が現地を視察する。
 帰還した選手を凱旋のように迎える。
 ヒーローインタビューを流す。

 こういったやり方は、選手を兵士に大会を戦場に置換えれば最初に記述した戦争報道と重なる。日本のメディアはオリンピックを練習題材として腕を磨いているわけだ。

 最近、新聞でもテレビでも、オリンピックを飛ばすと見るものがなくなる。その状況を見て、不安で不安で寝不足になる。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
戦争をしないハケ口としてのオリンピックと捉えると、平和維持活動とも言えます。バレー、サッカー、バスケなどは日本が出なくても決勝を中継していました。また、バトンは私が見たメディアでは正確に伝えていました。ボルトが日本チームをたたえにきたことも。
どのメディアに着目するかも大切かもしれないですね。
一般人
2016/08/23 17:47
飯大蔵さんとほとんど同じ印象で見ましたが、全部を網羅すねととてつもない放映料をとられる、などということはないのでしょうか?
ましま
2016/08/25 10:10
私は見ていないですが、実況中継もあったようです。そこでは各国の試合が見られたわけで、放映権は普通特定の試合のみになっているわけではないと思います。
 私が注目したのは、ニュースとか報道番組なんかの抽出の仕方、紹介の仕方です。視聴者が認識していればいいことですが、そうなっているのでしょうか?
飯大蔵
2016/08/25 10:48
視聴者が飯大蔵さんと同じ認識なら問題ないでしょう。
ただ。愚かな視聴者の場合は抽出や着目に気づかず扇動されていると思います。オリンピックに限らず。
石原、猪瀬、小池お選ぶような都民にはのれんにXXのような感じがします。
一般人
2016/08/26 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
メディアはオリンピックにて大本営翼賛化してしまった 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる