飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカは南シナ海問題に中立なのか?

<<   作成日時 : 2016/07/27 12:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 ラオスで米中外相会談が行われたという。一般的にはこんな記事だ。
仲裁判決後初の会談=米中外相
時事通信7月25日(月)22時10分
 【ビエンチャン時事】ラオスのビエンチャンで開催中の東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に出席しているケリー米国務長官は25日、中国の王毅外相と会談した。南シナ海をめぐる仲裁裁判の判決後、米中外相の会談は初めて。
 ケリー長官は中国の主権主張を退けた判決を順守するよう要求したとみられる。これに対し、王外相は判決を拒否する立場を改めて伝えるとともに、南シナ海問題への米国の介入をけん制したもようだ。 

[時事通信社]
 ケリー長官については「もよう」というように観測記事だ。「判決を順守する」がキーワードだ。

 NHKはこんな風だ。
会談後、王外相は報道陣に対し、「フィリピンが一方的に申し立てた裁判だ」と述べ、会談では、アメリカ側に仲裁裁判の判断は受け入れられないという立場を改めて示したことを明らかにしました。会談後、ケリー長官は報道陣の取材には応じなかったものの、アメリカはこれまでも、仲裁裁判の判断を尊重すべきだという考えを示しています。NHK
 会談後の取材が出来なかったとしている。あるいは
会談後、王氏は仲裁裁判について「フィリピンが一方的に申し立てた」と従来の立場を繰り返し、従わない考えを示した。ケリー氏は会談内容についてコメントしなかった。毎日
 こちらは「コメントしなかった」とさらに突っ込んだ言い方だ。

 会談での中身は中国側が伝えている。
ケリー国務長官は中国とASEANが関連の共同声明を発表したことを歓迎し、米国側は南中国海の仲裁結果に対し立場を持たず、中国・フィリピンによる二国間対話の再開を支持し、仲裁案というページを速やかにめくり、南中国海情勢の温度を下げさせるべきだとの見方を示した。新華網
 「仲裁結果に対し立場を持た」ないと言っている。日本の「もよう」報道とは全く中身が違う。
 判決に従えと日本は言うけれどそれはアメリカの立場と違う。それを早く理解した方が良いよと中国に忠告されていたっけ。

 でもこれだけでは、中国が都合良く報道していると考えるだろう。こんな物も、
US secretary of state John Kerry says the United States has no position in China's disputes with Southeast Asian nations in South China Sea, but only wants all parties to follow the rule of law and settle their differences peacefully.こちら
 「仲裁結果に対し立場を持た」ず、「法のルールを守り平和的に解決を」と言ったわけだ。しかも
Kerry told reporters ahead of a regional security conference being hosted by Laos.
 というから、インドの記者にはきちんと答えたのだ。

 これはインドだろうと言うだろう。でもアメリカのメディアでもこうだ。
Kerry said at a news conference that the U.S. is not taking sides on the substance of maritime disputes from countries such as the Philippines, which took the case to the tribunal in The Hague, but believes "rule of law must be upheld." China has said it will ignore the ruling, which it deems illegitimate. It leaned on Cambodia and other close allies to prevent ASEAN from making a critical statement, saying the disputes should be handled in one-on-one negotiations and not by the regional bloc.
NYtimes
 news conferenceとは記者会見という。どうなっているのだろうか?


 日本のメディアは思い通りの記事を書く。これって、あの戦争の時代の、事実を隠しあるいは捏造した姿勢と同じではないのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アメリカも「玉虫色」なのでしょう。
面と向かっては言えないし。法に基づくというスタンスはこれまで通りという。中国だけがビッグマウス。うらやましい国です。
一般人
2016/07/27 22:45
一般人 さん
アメリカが面と向かって言わないのはそれが戦略だからでしょう。
国際裁判に従う義務はない。それが普通です。これに関してはビッグマウスではないのでは。
飯大蔵
2016/07/28 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカは南シナ海問題に中立なのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる