飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍首相は中国に喧嘩を仕掛けたのか?

<<   作成日時 : 2016/07/16 00:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 中国の李克強首相と安倍首相が会談して「南シナ海問題で懸念伝える」と報道されている。
安倍総理大臣は、国際的な仲裁裁判の判断を中国が受け入れていないことなど南シナ海を巡る問題について、懸念を伝えるとともに「わが国は従来より、法の支配のもとで、紛争を平和的に解決していく重要性を指摘してきたところだ」と述べました。NHK
 かなり強硬に申し入れたとのニュアンスを入れているようだ。
 朝日ではこんな風にある。
日本政府の説明では、安倍首相は南シナ海問題で懸念を伝え、「我が国は従来、法の支配のもとで紛争を平和的に解決していくことの重要性を指摘してきた」と語った。安倍首相は中国が進出を図る東シナ海問題にも言及したという。朝日
 「日本政府の説明では」を入れることによって、このニュアンスは日本政府提供だとの印象を強める。
 一方NHKでは「国際的な仲裁裁判の判断を中国が受け入れていないことなど南シナ海を巡る問題について」と入れることによって非難めいた印象を与えるわけだ。

 東シナ海問題についても言ったのなら、NHKはなぜ省略したのだろうか?これは分らない。

 どちらにしても懸念の部分は言葉の引用ではない。その後の引用の部分は取りようによっては強硬な意見表明ではない。

 記事の他の引用部分はこうある。
「日中間には依然として難しい問題があるが、共通の課題に前向きに取り組みたい。イギリスのEU離脱問題もあるなか、世界経済が危機に陥らないよう協力していきたい」
 「世界経済の先行きが不透明な中、李首相が構造改革を含め、中国経済のかじ取りを行っていることを評価する。ことし9月のG20サミットに向けて、経済面の連携を強化したい。マクロ経済や財務、金融、省エネ、環境などの分野で具体的な協力を打ち出したい」NHK
 これらの発言は穏当なものだ。
 上記の発言をあわせても全体的には穏当なものだ。首相は急に顔色を変えて「懸念」を表明したのだろうか?

 写真を見れば日本側も多くの出席者がいる。何を言ったのかは多くの人が知っている話だ。よほどの秘密事項でもなければ、普通に報道しても良いと思うがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
つまるところ、中国に何も言っていないのだと思います。
「東シナ海も提訴するぞ」と表明した。と報道できないのが何より証拠だと。、
一般人
2016/07/16 20:44
一般人 さん
そう思いますよね。でも若干の違いはあっても各メディアは乱れがないようで。
飯大蔵
2016/07/16 23:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍首相は中国に喧嘩を仕掛けたのか? 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる