飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 代表質問を論戦と呼ぶメディアを信用してはならない

<<   作成日時 : 2016/01/07 00:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 国会が始まったようだ。年始から始まったことを異例と言っているが、国会議員の要求があっても国会を開かなかったことは見事にスルーするメディアたちだ。

 そして野党が批判を開始したとか対立を煽る。その主役が民主党らしいが、この政党は解党的出直しをすると言ったけれど何にもしていない政党だ。その主張は手続きなど批判しやすいところだけを言い、本質的な批判は何も言わない。例えば戦争法自体への賛否とか原子力再稼働への賛否とかだ。今のままでは国民の支持は増えるはずもない。

 だがメディアは民主党が野党の中心であり、国民が自民党批判をする場合は民主党を支持せよと誘導する。それが露骨に分る。

 今日の代表質問。各党が質問し、首相がそれに答える。答えていないとか、ずらしたとかの批判は今日は出来ない。だが、各メディアは論戦が始まったという。こんなものが論戦なのだろうか?
共産党の穀田国会対策委員長は安全保障関連法について、「安倍政権は、歴代の政府による憲法解釈を180度転換し、集団的自衛権の行使を可能とする『戦争法』を強行成立させる暴挙を行った。『戦争法』の廃止と閣議決定の撤回を断固求める」とただしました。
これに対し、安倍総理大臣は「平和安全法制には、世界の多くの国々から高い評価が寄せられており、これは、法律が決して『戦争法』などではなく、戦争を抑止する法律であることの何よりの証しだ。国民の命と平和な暮らしを守るために必要不可欠なこの法律を廃止したり、閣議決定を撤回することは全く考えていない」と述べました。NHK
 根拠が多くの国の評価だ。アメリカや他の国が日本の軍事力を利用しようと思えば評価するに決まっている。そんな物は根拠にはならない。そんな馬鹿馬鹿しい答弁を聞かされて論戦をしたと言えるのか?
安倍政権への対決姿勢を強める民主党の岡田代表は、まず、安倍政権が秋の臨時国会を召集しなかったことを「逃げた」と批判。これに対し安倍総理は・・・

 「ただ反対と声をそろえるだけなら簡単です。しかし、それぞれの政党が経済政策でも外交安全保障政策でも、日本を取り巻く現実を直視し、その解決のための政策を国民に提案する事から、逃げて逃げて逃げ回っているようでは、国民の負託に応えることはできません」(安倍首相)

 「反対と声をそろえるだけなら簡単」と声を荒らげ、同じ「逃げる」という言葉を使って切り返します。TBSニュース
 質問に答えず、相手を批判することが答弁なのか?そしてこれが論戦と言えるのか?
 単なる口げんかだろう。

 こんな下らない国会を論戦と呼ぶメディアは、国民の世論操作に加わっている一員と理解して、批判的に報道を見る必要がある。

 事実のみに耳を傾け、見解的な物は切り捨てる。最低限必要なことだ。だがあの戦争の時は事実をも曲げたから、さらに注意も必要なのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>根拠が多くの国の評価だ。アメリカや他の国が日本の軍事力を利用しようと思えば評価するに決まっている。そんな物は根拠にはならない。

 ↑
これは反論いたします。結論からいえば、評価の根拠になります。真の友好なんぞ存在しない国際社会においては、相手国をいかに自国の利益として使うかが正義だからです。近代主権国家体制が確立されてから、この冷徹なルールは、微動だにしていない。

個別的自衛権しか行使できなかった日本が他国の軍事力も使えることになったのですから、相互主義の観点からは、当たり前のことです。

ただし、個人的にはやはり9条改正から真正面に取り組んでほしかったですけどね。
何か切羽詰まった事情があるのかもしれませんが、浅学非才の私には知る由もありません。

政権もマスメディアも「批判的」に見なければならないというのは同意します。特に選挙の洗礼を受けないマスメディアの最近の偏向ぶりはひどすぎますから。
通りすがりです。
2016/01/09 05:16
コメント有り難う御座います。
「日本が他国の軍事力も使えることになった」・・・これがポイントでしょう。他国が自身の軍事力を日本のために使うのか、それが担保されているのか?そこの議論は国会で何かあったでしょうか?
 アメリカですら尖閣について渋々日本の施政権下にあると言ったぐらいですから。その事抜きの他国の支持なんか根拠にならないと思います。
飯大蔵
2016/01/09 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
代表質問を論戦と呼ぶメディアを信用してはならない 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる