飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の漢字は「怒」でしょう

<<   作成日時 : 2015/12/31 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 なぜ「安」なのだろうか?それは不安の「安」だという人もあるが、単に「安」なら安心の「安」にならざるを得ない。どこに安心があるのだろうか?

 長期間の審議となった戦争法案、時間はかけても、審議は無きに等しい。答えない、答えをずらす、違う答えを繰り返す、そんなことばかりだ。
 何回も同じ問いを繰り返し、ついに核兵器も補給、輸送できる回答を引き出した。そんな法案通して良い物だろうか?

 まともに答えず時間ばかりかけるから、最後は強行採決になる。しかも議事録なしの採決だ。委員長から起立者の姿は見えないはずなのに、賛成多数と国会で報告したのは虚偽の報告ではないのだろうか?
 そんな国会の安心があるのだろうか?


 沖縄がついに本気になってしまった。果てしない法廷闘争が埋め立てから始まる長い建設期間の間、継続することだろう。その間沖縄が諦めなければ、恐らく沖縄の勝利になることだろう。
 それにしても政府のやり方は異常としか言いようがない。国民が行うべき申立を政府がやったり、業務を委任しながらそれを不法とする。あるいは単なる地域の会合に過ぎないところに国から直接金をばらまこうとする。
 政府は法治国家と言うけれど、政府も法に従わなければならないことを忘れている。

 電力を確保するのには必要のない原子力を、安全性を無視して再稼働する。これも国民の意思を無視したものだ。事故が起こることを前提として30km圏内では避難計画が必要という。そんなことを考える前に、再稼働をしないことが最善の道だ。しかも避難地域の意見も聞かないやりかたに怒りを感じる。
 
 地震動の大きさについて明らかに評価不足なのに、司法は政府の意向に沿った判決を下す。司法に期待することも出来ない事が明白になった。こんな司法を戦後作り続けたのは自民党だが、それに対して怒りを持つべきではないのか?

 そして年末の茶番劇が日韓和解だ。
 日韓双方の歩み寄りというが、日本は殆ど変わらない。違うのは金は出すが使い方は韓国に任せると言う点だけだ。韓国側はどんな屁理屈をつけて納得するのだろうか?そして、民間から納得できないと大きな声が上がっているらしい。

 昔河野談話が出て、総理の文書が出て、基金が出来て、数人が受給して収まるはずの時に、受け取り拒否があったのはなぜか?その理由は明白になっていないけれど、原因はあるはずだ。

 日ソ平和条約は合意寸前まで言ったそうな。そこにアメリカの介入があって白紙に戻ったと言う。日韓もそれと同じではないのだろうか?
 あるいは竹島の件。韓国の要求では対馬と竹島をよこせとあったが竹島だけにせよと答えたのはアメリカ。これも日韓の和解を妨げるトゲではないのか。そしてそれを作ったのはアメリカ。
 当然類推すれば慰安婦問題もとなる。現にアメリカ国内にも慰安婦像があるではないか。

 しかも日韓和解の確認をアメリカが行うという。何とも変な話。・・・・こんな話。

 日本と韓国の離反をさせるために竹島を韓国に占領させたが、それだけでは離反しない。そこで韓国に命じて慰安婦を問題視させた。
 しかし、それが行き過ぎたのと、中国への対抗上日韓の融和が必要と判断し、韓国に命じた。うまくやればお墨付きを与えると言った。

 陰謀論に近いだろうが、この仮説は事実をうまく説明する。
 こんな話も「怒」に直結する。

 日本の民主主義、そして3権分立などの統治機構のルールが崩壊した年として銘記すべき年だ。その年の出来事に対し怒りを感じるべきだ。

 だが一つの明かりは、学生達、子供連れの主婦、年金生活者などなどの普通の人が声を上げ始めたことだ。民主主義を再確立しよう。それが憲法の要求する不断の努力であり、こちらはその元年でもある。

 「怒」を忘れず粘り強く続けなければ。そんな思いだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の漢字は「怒」でしょう 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる