飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS 薄めても毒は毒:戦争法案維新版

<<   作成日時 : 2015/08/20 23:32   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 維新の戦争法案について新聞はこんな言い方をする。
維新は今回、幅広く他党の協力を得るため、衆院で提出した一括改正案を分割し、一部を修正した。5法案は参院で政府案と並行して審議される見通しで、「責任野党」をアピールする狙いがある。

 ただ、維新案と政府案の違いは大きく、修正で合意する見通しは立っていない。片山虎之助参院議員会長は提出後の記者会見で「政府案と並べて審議することで、違いを国民の前に明らかにしたい」と述べるとともに、修正協議の進め方について、与党の意見を聞く考えを示した。

 一方、維新は武力攻撃に至らないグレーゾーン事態に対処する領域警備法案など残る3法案について、民主党との共同提出を目指し、協議を急ぐ方針だ。毎日
 この案なら野党も乗れるような、自民案と違うから良いような、そんなものだろうか?

 中身についてこんな報道だ。
5法案は、
武力攻撃危機事態の新設
▽在外邦人の救出規定
▽米軍に対する武器弾薬以外の物品・役務提供の拡充
▽武器を不正使用した自衛官の処罰規定
▽非戦闘地域への自衛隊海外派遣を規定(恒久法)
    −−のそれぞれの関連法案。
 少し古いが以前の案はこれだ。

 自民公明案の毒に比べ薄くなっているが、海外での自衛隊の活動は確実に増える。議論するべきはそうすることの是非と憲法との関係だ。自民党の毒がどこまで薄まったかは別の議論だ。並行して審議するものでは決してない。

 薄くなっても毒は毒。私はそう思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
薄めても毒は毒:戦争法案維新版 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる