飯大蔵の言いたい事

アクセスカウンタ

zoom RSS ネタバレした禅問答は単なる意味不明:首相発言

<<   作成日時 : 2015/07/28 23:38   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 禅問答は何かあると思うからこそ、色々考えて答えを出していくものだと思う。だがネタバレしたというか中身がないと分ってしまえば、単なる意味不明発言だ。それを説明不足だというのはきれいに言い過ぎているだけだろう。
安倍総理大臣は、「昭和47年の見解を示した40年前と比べると、アメリカ軍は現在も圧倒的な軍事力を持っているが、兵隊や艦船、航空機の数はそれぞれ半分になっている。他方、中国は急速な軍拡を進めている」と述べました。NHK
 極東のアメリカ軍が中国軍に比べて劣勢なのか?兵士の数は昔も劣勢だったが、他は昔も今も圧倒的に優勢のはずだ。半分になってもそれがどうした。
「グローバルなパワーの変化に対応していくために法整備も進めながら、日米の絆や、機能を強化していくことによって、未然に、そうした出来事が起こらないよう、防いでいくことが求められている」
 なぜ絆を強めないと防げないのか、その説明は聞いたことがない。
安倍総理大臣は、「平和安全法制を議論していくうえで、憲法との関係とともに、わが国を取り巻く安全保障環境の変化を十分に踏まえる必要があるとの認識を示した発言だと承知している」と述べました。
そして、安倍総理大臣は、「法的安定性を確保することは、もとより当然のことで、私も従来から申し上げているとおりだ。疑念を持たれるような発言は慎まなければならない」と述べたうえで、菅官房長官が礒崎氏を注意したことを明らかにしました。
 最初首相は法的安定性が重要であるとだけ言って発言を終わった。注意した話はその後の発言であるが、NHKはあたかも同一場面の発言のようにビデオをつないだ。ネタバレ。
 そもそも注意するなら自身が注意するべきだ。官房長官から注意するにしても 自身が指示したというのが普通の頭だろう。
安倍総理大臣は、「今回の法制は、集団的自衛権の行使や後方支援、PKO活動に関わるものなど法律がいくつかあるなか、憲法との関わりや国際法との関係などが複雑に絡み合っていることもあり、まだまだ、ご理解を十分にいただいていない。また誤解されている点も多々あり、これから良識の府である参議院の委員会で説明を尽くしていきたい」と述べました。
 複雑だから難しくて国民は理解できないという。いまや国民は最も理解できていないのは首相ではないかと疑っている。
安倍総理大臣は、平成24年の衆議院選挙の自民党の政権公約に、武力攻撃に至らないグレーゾーン事態に対応するための「領海警備法」の検討が明記されていたにもかかわらず、今回の法案に盛り込まれていない理由をただされたのに対し、「スムーズに海上警備行動を行うことができるようになり、日々の連携は飛躍的に向上している。海上保安庁が対応するところに海上自衛隊が出てくると、『いきなりミリタリーに引き上げた』という口実を相手に与える危険性が非常に高く、いまの対応の中でスムーズに移行する態勢のほうがよい」と述べました。
 これもまったく意味不明だ。スムーズに移行することと海上自衛隊が出てくることとどう違うのだろうか?背景を(ネタを)調べればわかることなのだろうが、この日本語だけでわかるはずもない。

 注:自衛隊法 
(命令による治安出動)第七十八条
(海上保安庁の統制)第八十条
によればミリタリーに引き上げることは現行法で可能となっている。

 意味不明の日本語を操る人間を首相にしておいていいのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネタバレした禅問答は単なる意味不明:首相発言 飯大蔵の言いたい事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる